Personium Year-end Meetup 2019

OSS

イベント内容

本イベントはオープンソースPDS(Personal Data Store) PersoniumプロジェクトのMeetupイベントです。

2019年はパーソナルデータに関する話題に事欠かない1年でした。パーソナルデータ不正販売問題が社会問題となり、G20大阪サミットで「信頼性のある自由なデータ流通(DFFT:Data Free Flow with Trust)」が取り上げられ、情報銀行の認定制度が実際に始まるなど、私たちの技術への期待はかつてなく高まっています。

Personiumは今年、複数の情報銀行大手プレイヤーの基盤に採用され、私たちのサンプルアプリがMyDataの将来を考える一連のワークショップ使われるなど一つ上のステージに上がることができました。またMyDataイベント(日本、フィンランド、韓国)や、Open Source Conferenceでの講演や出展なども精力的に行う傍らプロジェクト運営の方法を抜本的に見直し、コミュニティベースOSSへの脱皮を遂げた元年といってもよい年でした。

本イベントでは、Personiumを起点にこの1年を振り返り、来る2020年に向けてPersoniumプロジェクトの進むべき方向性をご一緒に考えたく思います。

想定参加者

  • Personiumユニットを立ててみたい方
  • Personiumアプリを書いてみたい方
  • Personium技術に関心のある方
  • 個人主体パーソナルデータ利活用、情報銀行を支える技術についての知見を深めたい方
  • Personiumコミュニティメンバ
  • MyData コミュニティの皆様

タイムテーブル

・各セッションの発表内容は一部変更となる可能性があります。

開場 18:30

・ENcounter Bar のご紹介などなど

第1部 一般セッション 19:00 - 19:50

時刻 発表者 タイトル 内容等
19:00 @shimono @tochi @dixon Personium 2019年の振り返り MyData Helsinki, Korea, Tokyo, OSC / ODCでの発表、新機能・アプリ等の紹介
19:15 @dixon @sunny @chris 世界に広がるPersonium 韓国、フィンランド、米国、スロベニアなどでの取り組み
19:30 @ding (Strategy Fellow) 戦略:OSSとしての可能性 世界の様々なOSSの動向とPersoniumが取りうるオプションについて
19:40 @kazushi.ishigaki (Strategy Fellow) 戦略:地域サービスPFの構想 地域課題解決のためにPersoniumに期待したい役割等
19:50 (休憩10分) Encounter Bar

第2部 Techセッション 20:00-20:50

時刻 発表者 タイトル 内容
20:00 @Takky Personium Unit構築のQiita記事を書いてみた(仮) #infra 系のお話
20:10 @tochi Docusaurusで既存OSSドキュメントページを作り変えてみた #docs 系のお話
20:20 @tochi Dockerで立てる開発用Personium Unit #infra 系のお話
20:30 @tochi Personiumでアプリ開発してみよう(PDSアプリの考え方) #appdev 系のお話
20:40 @ishiguro-yo ReactでのPersoniumアプリ開発実践 #appdev 系のお話
20:50 (未定) コミュニティ運営について 今後のイベントご案内など
20:55 撤収 & 質疑等

ネットワーキング (終了後)

終了後、もしよろしければ、軽く餃子(蒲田名物)+ビールなど行きましょう。

会場について

会場には、ENcounter Bar(有料)が併設されています。お酒を飲みながらリラックスしてイベントをご一緒に楽しみましょう!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。