【東京】 JJUGナイトセミナー「GraalVM特別回」12/20(金) 開催

イベント内容

最近話題の「GraalVM」。今回はなんとその開発に携わっているThomas Wuerthingerさんにご講演いただきます!日本からはPivotalの槙さんにSpringとGraalVMの関係についてお話いただきます!

みんな大好きGraalVMについての知識をがっつり習得してしまいましょう~

またイベント後には懇親会もあります。こちらもぜひご参加ください。

タイムテーブル

時間 内容 登壇者
19:00~20:30 GraalVM: Run programs fast, economical & polyglot Thomas Wuerthinger
20:30~20:40 休憩 -
20:40~21:10 SpringのGraalVM native image対応の現状と今後 Toshiaki Maki

イベント後には懇親会もあります。(参加費1500円)
決済方法は交通系ICカードによる現地決済となります。参加をお考えの方は、本ページ後半をお読みください。

GraalVM: Run programs fast, economical & polyglot

本セッションは英語セッションです。

The GraalVM project enhances the Java ecosystem with an integrated, polyglot, high-performance execution environment for dynamic, static, and native languages. GraalVM supports Java, Scala, Kotlin, Groovy, and other JVM-based languages. At the same time, it can run the dynamic scripting languages JavaScript including Node.js, Ruby, R, and Python.
Balancing the main performance indicators peak throughput, startup time, memory footprint, maximum latency, and packaging size is key for optimizing your application. GraalVM offers a just-in-time (JIT) and ahead-of-time (AOT) execution mode with different trade-offs on these metrics. This session will show how to get the most out of GraalVM for the metrics you care about! It will also cover the unique polyglot capabilities of GraalVM with uniform tooling and interoperability model for all GraalVM supported languages.

Oracle Labs Switzerland
Senior Director
Thomas Wuerthinger

https://labs.oracle.com/pls/apex/f?p=LABS:bio:0:137

SpringのGraalVM native image対応の現状と今後

Spring FrameworkのGraalVM native image対応の現状と今後をデモを交えて紹介します

Pivotal
Advisory Solutions Architect
Toshiaki Maki

懇親会

イベント終了後に懇親会を開催します。参加費は1500円です。

懇親会参加費のお支払いはSuica, Pasmoなどの交通系電子マネーICカードを用いた現地決済となります。モバイルSuica経由でのお支払いも可能です。

現金でのお支払いも受け付けますが、事務軽減のため、できる限り上記交通系電子マネーをご準備ください。現金支払いの場合、お釣りの用意はありません。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。