攻撃自動検知ワークショップ in SECCON 2019

イベント内容

重要告知

本イベントの募集ページは以下に変更になりました。
https://connpass.com/event/159753/

大変お手数ですが、新たに応募される方は上記URLよりご応募いただきますよう、宜しくお願い致します。


ワークショップ概要

このワークショップではあなたのお手製の攻撃検知エンジンを駆使し、運営が用意したデータセットを「正常・攻撃」の2値分類する精度を競っていただきます。データセットは正常系と攻撃系に分かれており、攻撃系のデータセットにはクロスサイトスクリプティングを突くペイロードが含まれています。

なお、データセットは従来の文字列マッチング(シグネチャ)方式だけでは検知精度が低下するように細工されていますので、如何にデータの特徴を捉えて正しく分類できるモデルを開発できるかが勝負の鍵になります。

本ワークショップでは、特徴モデルをベースにする開発プロセスを超短期で実践することで、特徴量エンジニアリングや機械学習アルゴリズムの選定、そしてハイパーパラメータチューニングといった機械学習の基礎を学ぶことができます。

事前にデータセットサンプルと簡易的な攻撃検知エンジン(Python)を配布しますので、初心者の方でも楽しみながら機械学習の基礎を学ぶことができます!奮ってご応募ください!!

開催概要

日程:2019年12月21日(土) 11:00 - 13:00
URL:https://www.seccon.jp/2019/akihabara/
会場:AKIBA SQUARE 秋葉原コンベンションホール at 秋葉原ダイビル
最寄り駅:JR秋葉原駅(徒歩1分)
東京メトロ銀座線 末広町駅1番出口(徒歩3分)
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅3番出口(徒歩4分)
つくばエクスプレス 秋葉原駅A1出口(徒歩3分)

参加者要綱

・機械学習に興味がある(実装経験があると尚良し)
・プログラミング経験がある(Pythonだと尚良し)

ご用意いただくもの

・ワークショップで使用するPCを各自ご持参ください。
・データセットはGitHub経由で配布する予定ですので、インターネット接続環境をご用意ください。
・ハンズオン形式となりますので、開発環境をご用意ください。
・Python必須ではありませんが、サンプルプログラムはPythonで書いていますので、必要に応じてPythonの開発環境をご用意ください。

申し込み注意点

・参加費用は無料です。
・都合がつかなくなった場合には、迅速にキャンセルをお願いします。直前のキャンセルは迷惑がかかりますので、理由を添えて運営までご相談ください。
・ドタキャンや連絡なしの欠席は運営にも支障を来たしますので、今後のイベントへの参加をお断りする場合があります。
・上記注意点すべてをご了承いただいた上で、申込みいただきますようお願いします。
・質問がある場合はconnpassの問い合わせ機能をご利用ください。

タイムライン

T.B.D

Tweetハッシュタグ

・#seccon_ws_detection

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント