ハッカソン・ミートアップ (画像処理領域)

イベント内容

Hackathon:

https://github.com/openrm/hackathon-2020-01/

info@openrm.co.jp

====================================================

株式会社リコー協賛

スタートアップ・オープン・ハッカソン(画像処理分野)

近年コンピュータービジョンの諸技術は紙ベースの様々な業界を変革してきました。しかし、英語などの言語での著しい発展の一方で、日本語への応用は出遅れているというのが現状です。このハッカソンは国内におけるコンピュータビジョン分野の研究の発展と、それによる日本語ドキュメント画像の認識技術の向上を目標に掲げます。このハッカソンイベントを通じて、日本のスタートアップ生態系の技術的発展とIT業界の革命を加速させてみませんか?

本ハッカソンにおいて発表された成果はMITライセンスの下とオープンソースソフトウェアとして公開されます。またこれら成果に基づいた出版物等についても一般公開がなされます。

本ハッカソンは、このイベントをキックオフとして、1ヶ月間開催されます。キックオフイベントに参加できない方々も、当日公開されるリポジトリへのアクセスをもって同様に参加していただくことができます。

このイベントをより楽しいものにすべく、コンペティション形式をとることにしました。参加者の成果は自動的にスコア評価され、最終的にランキングとして公開されます。これによって参加者同士の回答を見比べながら開発を進めることができます。

イベント参加者は個人として参加することもできれば、チームを組むこともできます。

キックオフイベント中には、ハッカソンへの参加方法、国内における等技術領域の現状、我々オープンルームが直面した課題、そしてどのように紙ベースの業界の問題を解決しようと取り組んでいるかなどについて、お話しします。

〒143-8555 東京都大田区中馬込1丁目3−6

https://goo.gl/maps/LGuyXo9XvXn5mVZU7

*施設内は禁煙です。施設周辺での喫煙も、近隣住民の方々の迷惑となりますので、ご遠慮願います。

English

Open Room Inc. partners with RICOH to organize this event.

Computer Vision technologies allows us today to transform paper-based businesses. While the technology have accelerated in the past years for the English language, it is still behind for the Japanese language. This hackathon goal is to make the research progress in Japan and improve the document recognition, content classification and Japanese language machine learning. Together, we believe that we can improve the technologies and give a boost to the Japanese startup ecosystem and industry renewal.

The contributions to the event will be published under the Open Source MIT licence. The resulting publications from the research will also be released publicly.

The hackathon will be held for 1 month, and this event is the kick off event. If you can't intend the event, you can still participate to the research - access to the repository will be given on the day of the kick off.

To make things a little bit more motivating, the hackathon will be held as a small competition: participant's contributions will be tested automatically and a score will be attributed to each submission. A ranking will then be held to compare the participants solutions and compete between each others.

Particpants can team up and work as a team, or contribute as individual.

During the kickoff, we will explain how to participate to the hackathon and we will talk about the current state of the industry in Japan, the difficulties we faced at Open Room Inc., and how we plan to use the technology to solve issues business are facing in a paper-based industry.

Address: 1 Chome-3-6 Nakamagome, Ota City, Tokyo 143-8555 https://goo.gl/maps/LGuyXo9XvXn5mVZU7

  • Please note that the headquarters are non-smoking area, as well as around the buildings.

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント