VMware DevOps Meetup #4

イベント内容

<お知らせ(2020.2.19更新)>

本イベントの開催につきまして、新型コロナウイルスの影響に伴い今回はウェビナーでの開催とさせて頂くことと致しました。 開始時間は予定通り19:00〜、ウェビナーは1時間を予定しております。 以下のリンクより奮ってご参加下さい! https://VMware.zoom.us/webinar/register/WN_c3U71ze9T0CbdGNpsb4ZJg

概要

VMwareはインフラを提供する会社であると思われがちですが、Kubernetesを中心とした開発者のためのプラットフォームの提供にも力を入れています。 このMeetupは、開発者の視点からコンテナ技術や自動化、セキュリティなどのトピックや、それらに伴うユースケースやオープンソースプロジェクトについてなど、幅広くDevOpsに関わる話題やVMwareにまつわるテクノロジーやソリューションについて情報交換をする場として、今回で4回目の開催です!

今回もLightning Talkにご登壇いただける方を募集いたします。 20分か10分の登壇枠を予定しています。 (もっと時間が欲しい、5分なら話せるけど・・・といったご要望やご提案も受け付けていますので、是非ご連絡ください。)

皆さまからの奮ってのご登壇とご参加、お待ちしております!

ウェビナー タイムテーブル

時間 内容 発表者
19:00 - 19:05 Opening
19:05 - 19:25 LT1: IBM Cloud pak for Multicloud Manager 1.2によるVMware、AWS、Azure、GCP、IBM Cloud のDevOps統合管理 日本IBM株式会社 デジタルイノベーション事業開発部 部長/チーフアーキテクト(VMware vExpert 2017-9) 平山毅 @t3hirayama
19:25 - 19:40 LT2:vCenter アラートを今風に通知する (M@STER VERSION) @IrieMasahiro
19:40 - 19:50 LT3: NSX-T Infrastructure as Code プロジェクト 中奥洋志彦@VMware
19:50 - 19:55 Closing

その他

  • 都合により一部プログラムが変更になる場合があります。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。