技術者レベルアップ講座「MISRA-Cによるソフトウェア開発」

イベント内容

技術者レベルアップ講座「MISRA-Cによるソフトウェア開発」

講座概要

MISRA-Cは、組込みソフトウェアにおいて高品質なソースコードを作成するためのコーディング規約であり、車載ソフトウェアに留まらず航空システムや医療システムなどの安全が不可欠である幅広い産業で適用されています。?その最新版MISRA-C 2012を解説します。
 ・MISRA-Cとは何か? ・MISRA-Cとの付き合い方
 ・MISRA-C2012の概要 ・MISRA-C2012ガイドラインの真の意図
MISRA-Cは、組込みソフトウェア開発技術者にとって強制や足かせではありません。ガイドラインやルールの真の意味、時には正しくルールを逸脱する方法を知ることで、MISRA-Cとうまく付き合っていくことができます。
講師には、(株)デンソーの池田氏を迎え、豊富な知識と情報量で解説します。

講師紹介

池田 元三 氏
㈱デンソー エレクトロニクス製品基盤技術部 シニアアドバイザ

現在

デンソー本社 各事業場及び関連会社から招聘され、新人、中堅社員向けに自動車工学の基礎から最新動向までを講義されている。
デンソー社内では、基礎知識習得と共に社内検定試験に向けたスキル習得の意味でも多くの参加者を相手に講師を実践されている。

これまでの略歴

① 研究開発部門にて(担当者として)
LA機器開発、FA機器開発、レース車テレメータ装置開発、自動車ナビ先行開発
・LA:Laboratory Automation
・FA:Factory Automation

② 量産設計部門にて(課長、室長、部長として)
パワートレインECU、メータ、ボデーECUなど各種車載電子製品

③ 海外拠点にて(製造拠点、設計拠点にて)
メカ・電子部品の設計、米国顧客向けソフト現地開発

④ 専門技術(社内でのトップ有識者として)
・ソフト開発プロセス・品質保証・管理技術
・C言語規格、MISRA-C(MISRA-C研究会リーダ)
・自動車技術全般(特に車載電子製品)

MISRA-Cに関しては、日本でも指折りの有識者である。

募集概要

【対象者】 組込みソフトウェア開発の経験がある方(C言語)
【定員】 30名
【受講料】 9,000円(税別)
【申込締切】 2020年2月14日(金)

お支払い方法について

お申込みの後、ご記入いただいたメールアドレス宛に受講料のお振込手続きを事務局から送信しますので届きましたらお振込みをお願いします。

厚生労働省の「人材開発支援助成金」制度のご紹介

本講座は、厚生労働省の「人材開発支援助成金」制度のご利用が可能です。
「人材開発助成金」制度は、事業主が雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するために、職業訓練等を実施した場合に、訓練に要した経費及び訓練実施期間中の賃金の一部等が助成される制度です。
「人材開発支援助成金」制度には、多くの種類や各種条件がありますので、詳しくは下記の厚生労働省のホームページをご覧ください。

人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース、教育訓練休暇付与コース、特別育成訓練コース)

注意事項

お申込みの際にご記入いただいた内容は、本講座運営のためにのみ活用します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。