【中止】プログラミング入門#2 ~Pythonで学ぶプログラミング~

参加枠申込形式参加費 参加者
3月3日(火)
先着順 無料 4人 / 定員10人
3月6日(金)
先着順 無料 6人 / 定員10人

イベント内容

プログラミング入門
~Pythonで学ぶプログラミング~

概要

クラウド、IoT、5G、AIなど、今やあらゆるものがコンピュータと無関係ではいられない時代になっています。そしてそれらを実現・活用するためにプログラミングは非常に大きな要因を占めています。
一方で経済産業省の発表にもあるように、IT人材は現在そして今後も不足状態が続いていきます。 このような背景もあり、今後は初等・中等教育のうちからプログラミングを学ぶこととなりますが、大切なのはプログラミングを覚えることではなく、自らの頭で考える力を身に付けることです。
この講座では、プログラムの文法を教えるだけでなく、どのように使うのか、どう考えればよいかについてもお話していきます。



文部科学省が公開している高等学校情報科「情報Ⅰ」の教員研修用教材でもPythonが採用されています。プログラミング初心者が学びやすいことに加え、利用範囲が広いことがPythonの人気の理由です。

講義シラバス

1回90分の全5回でプログラミングの基礎文法を学んでいきます。全5回の受講を通し、実際に世の中で動いているコードをある程度理解できるレベルまで到達することを目標とします。

# カテゴリ 内容
1 プログラミングについて
Pythonについて
最初のプログラム

本講義の概要と最終到達目標を説明します。プログラミングとは何か、そして何故pythonなのかも併せて解説します。
また、python言語のインストール・設定を行い、最初のいくつかの処理(プログラム)を実行します。   

2 データ型
算術演算子
エラー
リーダブルコード(読みやすいコードとは)

データ型・算術演算子・変数について解説し、データに対して基本的な処理を行います。
またエラーとは何か、またそれが起きた際に表示されるエラーメッセージについて解説します。

3 条件分岐
繰り返し
関数

条件分岐(if文)と繰り返し文(for)について解説します。
関数について解説します。これまで実行してきた処理を関数として定義し、実行します。

4 モジュール
ライブラリ
パッケージ
クラス

モジュール、ライブラリ、パッケージといった、実際になにか開発していくうえで必ず必要となる知識について解説していきます。
また、基礎のプログラミング学習で最大の壁となるクラスについて解説していきます。

5 クラスの続き
まとめ

引き続きクラスについて解説します。
余った時間を使い講義のまとめを行います。

講義スケジュール

※同じ週の火曜日と金曜日は同じ内容となります。

タイムスケジュール

時間 内容
18:30〜 受付開始
※早く到着した方は、質問や前回の復讐など。
19:00〜19:10 オープニング
19:10〜20:30 メイン講義
20:30〜21:00 全体質問・個別質問
20:30〜21:15 完全退出

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

中尾 嘉之

株式会社マツシマホールディングス

社内開発・新規事業開拓を担当
JDLA Deep Learning for ENGINEER 2018 #1

参加対象

中学生以上のプログラミングを学ぶ意欲のある方

Pythonを新たに覚えたい方

持ち物

ノートパソコン(任意)
※聞くだけの参加も可能です。

参加費

無料

会場

京都リサーチパーク たまり場
京都市下京区中堂寺南町134KISTIC 2階

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席の場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※ キャンセル待ちの方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。

本イベントは終了しました

類似しているイベント