【オンライン開催】国内での標的型ランサムウェア被害例から学ぶ、企業に求められる対策とは

参加枠申込形式参加費 参加者
エンドユーザー企業、パートナー企業
先着順 無料 38人 / 定員100人

イベント内容

【オンライン開催】
国内でのランサムウェア被害例から学ぶ
企業に求められる対応策とは

概要

標的型ランサムウェアによるインシデントは国内で膨大な被害を出している脅威のひとつです。従来のランサムウェア感染被害に比べて対応が困難になっている理由として、攻撃者が標的型攻撃の手法を用いて、侵入から横展開、ランサムウェアの感染及び拡散を実施していることが挙げられます。そのため、多くの企業では最新の標的型ランサムウェアインシデントに対する準備が不十分であり、実際に被害にあった際に適切な対処をすることができず、実際に攻撃者に身代金を支払うことに加え、業務及び生産が一時的に停止する事態に追い込まれた国内企業も存在しています。本講演では、セキュアワークスが対応した標的型ランサムウェアインシデントの調査・分析結果を集約し、インシデントの全貌を明らかにします。

アジェンダ

  1. 国内企業における、被害例、影響範囲、インシデント発生時の企業の対応状況
  2. インシデントのTTPs (侵入方法、情報収集、横展開、ランサムウェアの拡散手法)
  3. 最新の標的型ランサムウェアインシデントによる攻撃に対して推奨する対策方法

登壇者

玉田 清貴

セキュアワークス株式会社
カウンター・スレット・ユニット

セキュリティベンダーにて、企業・官公庁に対するインシデントレスポンスサービスの中で、端末調査、マルウェア解析およびフォレンジック分析業務を経て、2018年7月から現職。現在もマルウェア解析およびフォレンジック分析業務に従事するとともに、主に国内で発生しているサイバー攻撃の脅威情報の収集・分析に従事。

参加対象

  • エンドユーザー企業様
  • パートナー企業様

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 弊社競合企業様については、参加のご辞退をお願いする場合がございますことを、あらかじめご了承ください。

参加費

無料

参加方法

開催日前日の4/22 17:00に、お申込者にオンラインセミナーの参加用URLをメールにて送信します。

ハッシュタグ

#techplayjp #サイバーセキュリティ #セキュリティ #ランサムウェア #セキュアワークス

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

本イベントは終了しました

類似しているイベント