【オンライン開催】OPTiM TECH NIGHT|医療×AI・IoTプラットフォームでテックな話

イベント内容

イベント内容

概要

毎月お届けしてきたエンジニアによる、エンジニアのための、エンジニアMeetUp「OPTiM TECH NIGHT」を初のオンラインで開催いたします!
5月は今話題の「医療×AIでテックな話」・「オンライン診療プラットフォームでテックな話」・「医療×プラットフォームでテックな話」の3本立てで弊社のエンジニアが登壇します。
是非、Stayhomeで沢山のオンライン参加をお待ちしております。

参考記事:
OPTiMが展開する医療×IT Solutions
オンライン診療プラットフォームのOEM提供を発表
オンライン診療ポケットドクター
オンライン診療プラットフォーム
医療画像診断支援AI統合オープンプラットフォーム

開催日程

  • 2020年5月13日(水)19時00分~20時30分 ※終了時間は延びる可能性がございます

参加の流れ

ZOOMウェビナーによるオンライン参加のみとなります。
TECH NIGHT開催日の17時までに、connpass上のメッセージにてオンラインでの参加方法をご案内します。

下記に接続し、事前に視聴環境の確認をオススメしております。
テスト接続はコチラ (外部サイトにリンクします。)

※5/13 16:00追記:お申込み可能時間を18:30まで延長しました。15:00頃~18:30までにお申し込みいただいた方には別途18:30過ぎに参加URLをお送りいたします。

タイムスケジュール

※多少変更になる場合がございます。

時間 内容
18:55〜19:00 オンライン受付
19:00〜20:30 「医療×AIでテックな話」
by DX Manager 高橋 & R&Dチーム 加藤

「オンライン診療プラットフォームでテックな話」
by 医療開発チーム 永井

「医療 × プラットフォーム​ でテックな話​(高い非機能にどう立ち向かう?)」
by IoT Platform Manager 松本

※QAタイムあり ※順番は変更となる可能性がございます

登壇者

・高橋 @yukey1031:OPTiM DigitalTransformationユニット Manager
プラットフォーム事業部 DXユニットにて、日々業界のトップランナーと共に 世界一、AI・IoTの社会実装を実現するために邁進中。業務では、マネージメントやアーキテクト、更にはガチの実装も担当しているが、その傍らTwitterをそろそろちゃんと始めたいと考えている。Javaとサーバーレスを愛しておりアプリ寄りと言えるが、結局は何でもやっている。


・加藤 @ka10ryu1:OPTiM R&Dチーム SubManager
電機メーカーにて大判インクジェットプリンターの設計開発をする一方でDeep Learningの世界を知り、飛び出して現職に至る。R&Dでは製品やサービスのコアとなるAIやそれに関わるインターフェース部分を主に開発。農業、医療と分野を超えて幅広く活躍し、テックブログの執筆も積極的に行う。


・松本:OPTiM TechnicalDivison General Manager
大手ISPでインフラエンジニアとして各種案件を経験後、特定顧客のアカウントPMとして大小さまざまな案件を推進。その後、セキュリティサービスの企画・開発を経験後、現職。AI・IoTプラットフォーム開発の統括マネージャとして新規性の高いプロダクト、開発スタイルを維持しつつ、品質・セキュリティ強化を推進中。


・永井:OPTiM 医療開発チーム SubManager
2007年に新卒として入社して以来、13年間オプティムに在籍。様々なプロダクトやOptimal Bizの開発を経て、ポケットドクターなどの医療開発プロダクト全般のチームリーダーを担当している。得意分野はiOSアプリの開発だが、サーバーサイドの設計や保守・運用、更には顧客対応などもやっている。最近は自動化(DevOps)に興味があり密かに進めている。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント