子どものための Unity 入門:こどもの日特集

イベント内容

子どものためのUnity 入門

子どもの日特集

通常例会は開催場所の関係で5月31日に設定しましたが、前回から、ちょっと日が経ちました。鉄は熱いうちに打てと言います。だれないうちにもう一回、突っ込みました。

子どもの日を有意義に過ごしましょう!

はじめに

CoderDojo天白を始める動機がScratchとの出会いでした。それから6年、最近はScratchを卒業しての子供たちの為のプログラミング言語を模索していました。最近、一つの結論として、分かりやすい言語としてprocessingをお勧めしています。

Scratchでの作品つくりは自主制作ということにしていますが、何を作るか、、、そういったことに悩んでやめていく忍者もよく見かけます。僕なりの授業も1年間、行いましたが、必ずしもうまくいったとは思えませんでした。

プログラミング言語とは違うのですが、processingをお勧めして一息ついて、次、気になっていたUnityを触ってみました。

これは面白い

ゲームつくりを楽しみながら、言語を覚えるということですね。特に言語を覚えるという意識がなくても・・・入門です(^^♪。

進め方

自主制作ということで行いますが、情報過多のきらいもあり、ちょっとカリキュラム的に書くと次のようになります。

1.皆さんの状況をちょっと話し合いましょう。

2.楽しい迷路を作りましょう。
下に資料のURLを張ります。とりあえずはその資料に沿ってサンプルを作ります。現場では各自で楽しいものに発展させてください。 https://drive.google.com/open?id=13s9_E6UWOdgNRj-s85ZzkEmcmYXWBqHi

3.皆さんの作品発表をします。

4.主催者が調べて、いいかなと思ったことなどを紹介します。

5.次回(5月31日)の要望などもありましたら、よろしくお願いします。

主宰者もまだ初心者です。一緒に楽しくやっていければと思います

Scratch Dojoの参加方法

connpass で毎回、開催案内を行いますので、こちらからお申し込みください。

前日(5月4日)の10時に締め切り、それからURLなどを書いたメールを送ります。そこの記載からZoomへ参加してください。

応募方法
  • 申込みは参加者ごとに一人で一回の申込みが必要です。その為、複数の兄弟で参加される場合は、gmail などのフリーメールのアカウントをとっておいてください。
  • 参加者は原則、小3~高3くらいの学生さんを想定していますが、大人の方も数名、受け付けます。
参加に際して・・・インターネット
  • ご自分の家でインターネットに接続して参加ください。

  • できるだけ、各種のダウンロードは自宅でできるだけやってきていただければと思います。

  • 初回、参加の場合・・・

Unity Hub (関連のUnity なども一緒にインストールされるはずです)をインストールし、関連してUnity,Visual Studio 2019のインストールを済ませておいてください。

以上 主宰者:松成 文夫

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント