【緊急開催/オンラインセミナー】好評につき2回目!品質管理で差別化する受託開発 コスト・納期を諦めずQualityを担保するスマホアプリ開発ノウハウ

参加枠申込形式参加費 参加者
TechPlay枠
先着順 無料 2人 / 定員30人

イベント内容

オンラインセミナーについて

新型コロナウイルス感染症の現状を鑑み、お客様およびスタッフの健康・安全面を考慮し、オンラインセミナー形式での実施となります。
ご登録頂いた方に、個別にオンラインセミナーのご案内をセミナー前日5/13までに差し上げます。



ご要望が特に多かったこちらの内容を、オンラインセミナーで緊急開催いたします。



ご存知の通り、受託案件においてQCDはクライアントの満足度に直結します。
Quality(品質は高く、Cost(費用)は安く、Delivery(納期)が早いことに越したことはないわけですが、受託開発会社としてみれば、なかなかの無理難題です。
特にスマートフォンアプリのように、開発完了後、納品しておしまいではなく、その後の保守・運用までやるとなると、
QCDのどこから着手、考え始め、どうバランスをとるべきなのでしょうか?



こんなお悩みはありませんか?

・エンドユーザからクライアント(パブリッシャー)に入る不具合の問い合わせやクレームを、いかに効率的に原因究明し対応するか
・限られた納期の中でいかに効率的に開発すればよいのか
・OSアップデートやAPIの突然の仕様変更に、どうスピーディーに対応し、そのような対応をどう継続していけばよいか。

前回3/30ご好評頂きました本セミナーを、お客様のご期待に応え、再度実施させて頂きます。

前半では、エンドユーザがスマホアプリをどのように使い、不具合をどのように感じているのか、
定点観測したデータを基にお話しいたします。
また後半では、受託開発を念頭に、いかにアプリの不具合に向き合い、発注元とエンドユーザとの間で継続的にアプリ品質を担保するか、紐解きます。


タイムテーブル(予定)

16:00-16:45:講演1
16:45-17:30:講演2


参加費

無料


参加対象者

iOS/Androidのアプリビジネスに携わる方々
※講演を行う企業と同業社の方のご参加はご遠慮ください。


問い合わせ

FROSK株式会社セミナー運営事務局 Email: cs@frosk.co.jp


本イベントは終了しました

類似しているイベント