【ウェビナー】よくわかるグレープシティのJavaScriptラインナップ

イベント内容

解説!GrapeCity のJavaScriptラインナップ – 機能・特徴・使い分け –

少し前まで「業務システム」といえばそのほとんどがWindows FormsやWPFなどの技術を使った「デスクトップアプリケーション」でした。

グレープシティはこのような開発を支援する製品として「ComponentOne」や「SPREAD」、「ActiveReports」といった数々のコンポーネントを長年市場に送りつづけており、現在も多くのユーザーさまにご利用いただいています。

一方、昨今にみられるWebテクノロジーの急速な発達により業務システムを「Webアプリケーション」の形態で開発することも一般的になってきました。

加えて、ここ数年のうちに多くの企業がその時期を迎えると言われる「旧システムの移行期」に際し、最近は多くのお客様から、現行のアプリケーションを単に対応環境させるのではなく「Webシステム」として刷新したい、また、その際に利用できる良いコンポーネントを探している、といったご相談をいただいています。

このようなニーズにお応えするべく、グレープシティではWebアプリケーション開発で利用できるJavaScriptライブラリを豊富に取り揃えています。

本セミナーでは、グレープシティが長年のコンポーネント開発で培ったエッセンスを凝縮して生まれた4つのJavaScript製品 「Wijmo」「SpreadJS」「InputManJS」「ActiveReportsJS」について、その機能や特徴、各種開発での使い分けなどを解説します。

こんな方にオススメ!

  • Webシステムの開発に使える業務用コンポーネントをお探しの方
  • Webアプリケーションとして業務システムの移行をご検討されている方
  • グレープシティのJavaScript製品をご検討されている方
  • グレープシティ製品をご利用で、最新のJavaScript製品情報を知りたい方

開催概要

日時 2020年5月29日(金)14:00~14:40
会場 オンライン
募集 20名→25名【増席しました】
費用 無償
主催 グレープシティ株式会社 ツール事業部

タイムテーブル

スケジュール
14:00~14:05 オープニング
14:05~14:25


グレープシティ株式会社
ツール事業部 プロダクトマーケティング
村上 功光

グレープシティのJavaScript製品「Wijmo」「SpreadJS」「InputManJS」「ActiveReportsJS」の機能や特徴、各種開発での使い分けなどについてお話しします。

14:25~14:35質疑応答
14:35~14:40クロージング

参加方法

本セミナーではウェビナーツール「コクリポ」を利用します。PC・スマートフォンどちらでも参加が可能です。
オンライン会場のURLは、connpassからお申し込みいただいた方に開催日の3日前と前日にメッセージで発行します。

  • ご視聴時、他の参加者から顔と名前は見えません。
  • PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
  • 下記に接続し、事前に視聴環境の確認をお勧めいたします。
    テスト接続はこちら(外部サイトにリンクします)

注意事項

お問い合わせ

グレープシティ株式会社 ツール事業部 マーケティング部
dsmarketing.jp@grapecity.com

グレープシティ 開発支援ツール

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント