【2020年8月期生募集!】バーチャルスクール制データサイエンス基礎講座

参加枠申込形式参加費 参加者
8学期生
先着順 80,000円
当日現金支払い
0人 / 定員20人

イベント内容

本講座は、データサイエンスティスト育成が目的のGRI社内向け社員研修と同様の内容です!当社の徹底した人材教育は「GRI Way」として外部からもご好評をいただいており、知識・技術は勿論、自学習能力、起業家マインド、プレゼンおよびコミュニケーション能力の習得を目指します

概要

本講座は、データサイエンス(AI・機械学習・データ利活⽤など)の知識・技術・応⽤⼒を幅広く習得する⽬的で設計されています
講義と実践演習を通じてプログラミングの基本から一気に機械学習モデルの実装まで身につけ、データ利活用プロジェクトの推進に役立つ知識や応用⼒を幅広く習得できます
現役のデータ分析官が素粒子レベルまできめ細かいサポートを行いますので、安心してご受講いただけます!

∞(無限)シリーズ

当社の講座は、一度受講したら、同一講義を「何度でも」受けられます!
データサイエンスの神髄を理解できるまで、「わかりやすく」「徹底的に」「継続して」サポートいたします!

バーチャルスクール制オンデマンド講座

オンライン講座の新様式

これまでのオンライン講座では難しかった受講者の学習モチベーションの維持、一人一人に合わせた学習法のカスタマイズ、「本当に使える」実践的技術の習得をバーチャルスクール制という形で実現する仕組みです

詳細はこちら https://gri.jp/report/data-science/12602

カリキュラム

Lesson1: データサイエンスを実⽤化する上での最重要な概念を理解する
AI、機械学習、ディープラーニングの技術の特性、特徴量設計とは、データ構造の種別、機械学習の活⽤事例や⼿法の選び⽅

Lesson2︓機械学習を活⽤する全体像を把握する
決定⽊モデル構築の流れ、精度評価の仕組み、分析パッケージの活⽤法

Lesson3・4︓Pythonプログラミングの基本を習得する
Jupyter Notebook、変数、⽂字列、条件分岐、繰返し処理、関数

Lesson5: 分析パッケージの活⽤を実践し効率的にデータを処理する
Numpy(配列の⾼速計算)、Pandas(表データの柔軟な操作)、Matplotlibでコード内でデータ可視化、Scikit-learn

Lesson6︓機械学習(過学習問題と特徴量の解釈)の実践にチャレンジ!①
ランダムフォレストモデルを構築し、特徴量の可視化や特徴量選択に挑戦

Lesson7︓機械学習(特徴量作りと画像認識)の実践にチャレンジ︕②
・特徴量エンジニアリングに挑戦
・畳み込みニューラルネットワークを⽤いた画像認識技術の紹介

身につくスキル

・⼈⼯知能・機械学習・ディープラーニングの重要概念や活⽤事例
・Pythonを⽤いたビッグデータ処理の基礎技術
・便利なデータ分析・機械学習のパッケージの活⽤
・⽂字列データ、配列型データ、表形式データ、画像データの加⼯
・簡単な機械学習モデルの構築と精度評価
・データサイエンス分野特有のビジネスマインド、プレゼン、コミュニケーション

講師紹介

ヤン・ジャクリン

株式会社GRI
データ分析官 兼 講師

Tableau認定資格取得者
北京生まれ・日本育ちの米国籍
日・英・中のトライリンガル
東京大学理学部物理学専攻卒
東京大学理学系研究科素粒子物理学専攻博士課程修了(理学博士)
高エネルギー加速器研究機構を経て、2017年より現職

現役分析官の講師だからこそ提供できる実践的研修が特徴

親切丁寧にサポートいたします!

オンライン無料説明会(オープン)※誰でも参加できます

オンライン事前説明会はZoomを使用いたします。

2020年7月29日(水)11:00

2020年7月31日(金)11:00

※各回は同一の内容となっております。

※後日Zoom招待URLを公開予定

申込み方法

8月2日(日)〆切になります ※振込みをもって申込みとさせて頂きます

【振込先】
三井住友銀行 赤坂支店
普通 8757220
カ)ジーアルアイ

※申込者と振込者名が異なる場合(所属先が振り込む時など)は、あらかじめご連絡下さい

参加費

88,000円(税込)

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

 

申込みは締め切りました

類似しているイベント