Beyond Agile vol.3 -全体最適に向けてのシステム思考-

イベント内容

アジャイルを超えて、アジャイルになる

昨今、日本でもアジャイルが急激に浸透してきています。 Red Hatでも、日本のEnterprise企業にAgile Coachとして入り、組織がアジャイルになるための支援をさせて頂いております。 様々な知見が溜まってきており、これを日本の企業全体の活性化のために共有し、より知見を深めていきたいと考え、このようなコミュニティを立ち上げました。

全体最適に向けてのシステム思考

リーン生産方式の中でも語られている全体最適、この全体最適という考え方を深堀りし、全体最適を考える上でシステム思考の有効性を考えます。

さらに実際にどのようにシステム思考を現場で利用するのか、大規模スクラム(LeSS)とどうつながるのか、具体期なモデリング方法をご紹介し、実施にモデリングを行って頂く事で理解を深めて頂きます。

  • 全体最適とは
  • システム思考(System Thining)とは
  • LeSSと全体思考、システム思考
  • 実際にシステム思考で課題を探求してみるエクセサイズ
  • エクセサイズのレビュー
  • まとめ
  • Q&A

今回は、なんと Odd-e Japan榎本氏が、プロダクトを考える上での全体最適・局所最適に関する考え方について、探求する場を設けてくれました!
Red Hatからは山田義和、清水弘毅が参戦します!


ファシリテーター

榎本 明仁
Odd-e Japan アジャイルコーチ
Odd-e Japanのトレーニングはこちら

ゲスト

清水 弘毅
サービス事業統括本部 アジャイルコーチ, レッドハット 株式会社
オリンパスGROOVE-Xでスクラムマスターに従事。
現在レッドハットにて日本の様々なエンタープライズ企業に向けてアジャイル導入支援・実践支援をしている。
スクラム実験室運営

山田 義和
サービス事業統括本部 シニア DevOps アーキテクト, レッドハット 株式会社
アジャイルな組織への変革!価値あるソフトウェアプロダクトを迅速に提供する組織へ

対象者

  • ある解決策を実行したが、その実行のせいで他の箇所に歪みを生み、全体としてうまく機能しないという経験をされている方
  • 大規模スクラム(LeSS)を実践されて四苦八苦されている方々
  • 組織をアジャイルにしようと、四苦八苦されている方々
  • 卓越したスクラムマスターになりたい方

得られるスキル・知識

  • プロダクトについて全体最適での考え方
  • システム思考などの思考方法・実践方法

日時

10/02金) 19:00-21:00

受付方法

当日利用するZoomの部屋やMiroのURL等は、登録を頂いた方々に、開催前までにconnpassにて別途、告知をさせて頂きます。

事前準備

当日はZoomを利用する予定ですので、事前インストール及び機材の確認をお願い致します。なお、参加時はビデオを有効にし、表情が見えるようにご協力をお願い致します。
ワークショップのツールとしては、Miroを使う想定をしております。MiroをiPad等で使いたい方は、事前のアプリインストールをお願い致します。iPhoneなど、画面が小さいものだと使いづらいと思います。PCのブラウザでも問題無く使えますので、PCのみでのご参加ももちろん可能です。

料金

無料

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント