食べチョクTalk&Meetup #2 「スタートアップで活躍するエンジニア」を考える

イベント内容

食べチョク Talk & Meetupとは

こんにちは!食べチョクを運営しているビビッドガーデンです。
こちらはカジュアルにビビッドガーデンの雰囲気と働き方などの話を楽しんでいただくことを目的としたイベントです。
お酒片手にお気軽に遊びに来てください!

今回は「激動の2020年を振り返って『スタートアップで活躍するエンジニア』を考える」と題してお話いたします。
テレビCM、注文数35倍、ネイティブアプリ2本、複数の大型連携などをエンジニア数名でなんとか回した激動の2020年。
実際のエピソードと共に振り返りながらそれらをどうやって乗り越えたのか、そしてそのような状況下でも事業を推進する「スタートアップで活躍するエンジニア」とはどうゆう人なのだろうか、をディスカッションしていきます。

  • ビビッドガーデン今年いろいろやっていたけど何をしているんだ?
  • リソース <<<< 必要工数、な状況続きをどうやって切り抜けたの?
  • あのときのあの判断は良かった!微妙だった!ってある?
  • そうゆう会社が考える、スタートアップで活躍できそうな人って? などといった部分に踏み込んでお話できればと思います。

前回の様子はこちらをご覧ください。

※ 本来はオフィスにお招きしてとっておきの食べチョク食材を食べながらお話するイベントなのですが、感染症対策のためオンライン開催とさせていただきます(参加者特典あり)

※ ドリンク(お酒OK)や夕食手元に参加ウェルカムです!

※ 他媒体でも告知しているため、応募状況次第で申し込みいただいた方全員が参加いただけるわけではない点、ご容赦くださいませ。

詳細

時間 概要
19:15 開場
19:30 乾杯 & 食べチョクの事業について
19:50 エンジニア陣によるパネルディスカッション
20:30 中締め
21:00 完全撤収

ビビッドガーデンは「生産者の“こだわり”が、正当に評価される世界へ」をビジョンに掲げ、こだわり生産者さんから直送で新鮮な食材が買えるオンラインマルシェ「食べチョク」を運営しています。
農・畜・水産業界をITの技術力で変えていこうとしているスタートアップ企業です。

会社の雰囲気はTwitterの「#本日のビビッドガーデン」でも発信しています。是非この雰囲気を体験して頂ければと思いますので、お気軽にお越しください!

登壇者‍‍

西尾 慎祐(リードエンジニア)

山梨県北杜市出身。山梨大学大学院医学工学総合教育部を修了後、SI企業に就職。Rubyエンジニア、開発チームリーダーとして動画配信サービスのフルリプレイスに携わる。2018年3月より正式メンバーとして入社。

藤本 陵(エンジニア)

青森県青森市出身。新卒で受託開発のSEとしてキャリアをスタートし、業務システム、SNS、ソーシャルゲーム・アプリなどtoB、toC問わず様々な開発に従事。ふとTwitterで呟いたことをきっかけに声をかけてもらい、2019年8月に入社。

モデレーター

平野 俊輔(採用 / エンジニア)

横浜生まれ横浜育ち。DeNAにて、モバゲー決済の開発責任者を経験した後にマンガボックスのフロントエンド開発や採用業務に従事。プライベートでは新興スポーツのパデルの普及に尽力中。2018年7月より正式メンバーとして入社。

イベント前にこちらもご覧ください!

コロナ禍で注文数70倍。「食べチョク」を支える技術力と本質を追求し続けるエンジニア組織の強さとは 新たな課題は「開発組織のあり方」。急成長スタートアップが「CleanAgile」訳者・角谷氏を迎えた狙いとは?

場所

オンラインイベントです。 URLは12/22(火)にメールにてご案内させていただきます。

その他

  • Twitter等SNSでの拡散大歓迎です
  • SNS拡散の際には他の方のプライバシーには十分ご配慮くださいませ
  • 都合が悪くなった場合は早めのキャンセル処理をお願いします
  • イベントの様子は登壇各社のPR目的でウェブサイトやソーシャルメディア等に掲載される可能性があります

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント