RDB以外のデータベースを選択肢に加えてみませんか?~NoSQLのススメ~ JSONデータベースなのにSQLノウハウを活用できるCouchbase

参加枠申込形式参加費 参加者
TECHPLAY 参加枠
先着順 無料 3人 / 定員30人

イベント内容

DXを推進するためには、適切なテクノロジーを選択することが肝要

多くの先進的企業において、RDB以外の(NoSQLと呼ばれる)データベースは、既に広く浸透活用され、選択肢の一つとして定着しています。
その理由として、高いパフォーマンスやスケール柔軟性、データ構造やアプリケーション要件の変更に柔軟に対応できることが挙げられます。

特にJSONデータベースは、データ構造の自由度、変更の柔軟性を持ち、変化の激しい現在のビジネス環境で要求される頻繁なアプリケーション・リリースサイクルに対応できるため、DX推進にふさわしいデータベースといえます。

JSONデータベースには、アプリケーションで利用するデータ(ビジネス・オブジェクト)を(RDBでは必要となる、テーブル形式への面倒なマッピングを行う必要なく)そのままデータベースに保存できるというメリットがあります。その一方で、検索においては、RDBで標準的に使用される SQL言語が使用できないことで、教育コストが高くなる、開発期間が長くなるなどのデメリットがあり、JSONデータベース導入の際の障害となっています。

「Couchbase」は、独自のSQL言語やトランザクション機能でJSONデータベースのデメリットを克服

Couchbaseでは、JSONのメリットであるスキーマ柔軟性をそのままに、JSON形式データに対して、SQL言語を使用できる「N1QL」や、複数のドキュメントに跨がるトランザクションなど、他のJSONデータベースの持つデメリットを克服する機能が提供されています。


本セミナーでは、
まず前半で、JSON(ドキュメント指向NoSQL)データベースの台頭の中で、なぜ多くの先進的企業がCouchbaseを選択しているのかについてお話しします。

後半では、より具体的にJSONデータベース「Couchbase」を使ったアプリケーション開発をとりあげます。開発生産性とパフォーマンスを大きく向上させるデータ検索のメカニズムにおいて、押さえておくべき点(RDBとの共通点や、Couchbase独自の要素)を説明する予定です。


プログラム

JSONデータベースの台頭〜Couchbaseが選択される理由

Couchbase, Inc – Solutions Engineer 河野 泰幸

Couchbaseにおける検索〜RDBとの共通点と相違点(クエリ、インデックス、等)

株式会社スマートスタイル データベース&クラウド事業部
技術部 高島 修

※ セッション内容は予告なく変更される場合がございます、ご了承ください。

開催情報

  • 日時     :2021年3月10日(水) 15:00-16:30
  • 費用     :無料
  • 申込み締切り :2021年3月9日 17:00


▽こちらからもお申込みできます
https://www.s-style.co.jp/press/couchbase-webinar-vol-4.html


【セミナーのお問合せ】
marketing@s-style.co.jp

類似しているイベント