NTTデータが手掛ける日本の仕組み創り 〜官民連携DXプロジェクト推進現場のリアル〜

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 219人 / 定員300人

イベント内容

概要

「官民連携」。多くの方にとって馴染みの少ない言葉だと思います。
一方でIT業界に身を置く方々は官民連携プロジェクトに関わった経験がある方も多く、意外と馴染みがある言葉ではないでしょうか?

今年9月にはデジタル庁が新設予定で、国・地方行政のIT化やDXの推進はますます加速していきます。
こんな言い方をすると自然にDXが推進されるように感じてしまいますが、その裏側にはもちろん企業・地方自治体・人の努力が隠れています。

民間プロジェクトとは異なる規制が発生したり
膨大なデータ処理と堅牢なセキュリティを同時に実現する必要があったり
地域特性に合わせた運用検討が必要だったり...
1つのシステムを作るためにも、官民連携プロジェクトだからこその考え方や判断が隠れています。

今回は、そんな官民連携プロジェクトを多数推進しているNTTデータの現場社員が、取り組みの背景やシステム構築における考え方など、現場ならではのお話しをお伝えします。
ITやエンジニアリングを課題解決のために活用している皆さんと、現場ならではの話を共有できると嬉しいです。ぜひご参加ください!

※配信URLは、申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。※zoomウェビナーを利用します。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

NTTデータが支えるデジタルガバメントと地方自治体におけるDX実現に向けた取り組み

株式会社NTTデータ 浜口 麻里

19:25〜19:45

官民連携プラットフォームサービスの企画・立ち上げ

株式会社NTTデータ 藤田 裕介

19:45〜20:05 Q&A
20:05〜20:10 最後のご案内

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

浜口 麻里
株式会社NTTデータ
社会基盤ソリューション事業本部
デジタルソサエティ事業部 営業統括部 営業企画担当
課長代理
中央省庁向けのSE、営業を経て、2014年より地方自治体向けの営業に従事。グループリーダとして、基幹系システム等の提案に加え、地方自治体のデジタル化を推進している。
藤田 裕介
株式会社NTTデータ
社会基盤ソリューション事業本部 
デジタルソサエティ事業部 開発統括部 企画開発担当
部長
ネットワークエンジニア、ITコンサルタント等を経験した後に、民間企業のWebサイト開発や各種官公庁システム開発のプロジェクトマネージャーを歴任。現在は自社プラットフォームサービスのプロダクトマネージャーを担当しながら複数プロジェクトのプロジェクトマネージャーを兼務。

参加対象

  • エンジニア
  • ITコンサルタント

など、今回のテーマに興味がある方

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

開催グループに関連するコラム

開催グループに関連するコラム

日本の行政・住民サービスを電子化へ ──NTTデータが官民連携で挑む自治体DXとは

日本の行政・住民サービスを電子化へ ──NTTデータが官民連携で挑む自治体DXとは