ようこそ、Kubernetes沼へ。商用サービスSREの現場から

イベント内容

10回目のIIJ Technical NIGHTもオンライン開催!

IIJ Technical NIGHTは、平日の夕方に開催しているカジュアルな勉強会で、どなたでも無料でご参加いただけます。仕事終わりや学校終わりに、ぜひお気軽にご参加ください。今回のテーマは「Kubernetes」。自社サービスのプラットフォームとして開発したIKE(IIJ Kubernetes Engine)の開発秘話からKubernetesに対する想いまで、SREの現場エンジニアが本音を語ります。

開催概要

日時 2021年03月23日(火)18:00~19:00
※進行によっては、最大で15分程度延長する可能性がございます。
会場 オンライン開催につき、当日こちらのページで中継します。
費用 無料
定員 なし
アンケート回答ページ 今後のイベントをよりよくするため、本イベント終了後、アンケートにご協力ください。
アンケートフォームはこちら
参加登録締切 2021年03月23日(火)18:00
ハッシュタグ #iij_its 本イベントのハッシュタグです。
#iij_q 講演中の質問はこちらで受け付けます。

プログラム

時間 講演概要
18:00 ~ 18:05 オープニング
司会進行:IIJ 広報部 堂前 清隆
18:05 ~ 18:20 【解説】IKE(IIJ Kubernetes Engine):= Vanilla Kubernetes + 何?
講演者:IIJ ネットワーククラウド本部 SRE推進室長 田口 景介
●資料はこちら
IIJではIKE(IIJ Kubernetes Engine)と呼ぶKubernetesディストリビューションを開発し、自社サービスのプラットフォームとして利用しています。
IKEのコアにあるのはkubeadmで構築したいわゆるVanilla Kubernetesですが、その上にディストリビューションを構成する数々のコンポーネントがデプロイされ、サービス開発、運用を大いに助けています。
それでは素のKubernetesと実運用で使われるIKEの間にあるものはなんなのか、お話します。

イベントに先立ちまして、田口がDocker, KubernetesとIIJの馴れ初め的な話をブログに書きました。当初はKubernetesに懐疑的な見方をしていたという田口がSREチームを発足させるまでの道のりを綴っています。ご興味のある方はぜひこちらも併せてお読みください。
「ようこそ、Kubernetes沼へ。商用サービスSREの現場から」(2021年03月08日 月曜日)
18:20 ~ 18:55 SRE現場エンジニア座談会&質疑応答
パネリスト
・IIJ ネットワーククラウド本部 SRE推進室長 田口 景介
・IIJ ネットワーククラウド本部 SRE推進室 李 瀚

モデレーター:広報部 堂前 清隆

イベント後半の座談会では、IKEオーナーのエンジニアに、開発でこだわったところ(ウリ)や苦労話、Kubernetesのどこに魅力を感じているのか、正直ここがキツイなど、開発者でありプラットフォーム・オーナーとしての視点で本音を語ってもらいます。また、視聴者の皆さんからのご質問にお答えしたり、Kubernetesの今後についても時間の許す限り、議論を深めてみたいと思います。
18:55 ~ 19:00 クロージング
司会進行:IIJ 広報部 堂前 清隆

注意事項

  • 講演内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください
  • オンライン開催のため音声や映像が一時的に不安定になる可能性もあります
  • 当日利用する資料は事前に公開予定で、Twitterアカウント @IIJ_ITS にてお知らせします
  • 配信時にトラブル等があった場合も @IIJ_ITS にてお知らせします

BLOG

お問い合わせ先

IIJ Technical NIGHT 事務局:its@iij.ad.jp
※取材をご希望のメディアの方は、IIJ広報部(press@iij.ad.jp)までご連絡ください

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。