TensorFlow User Group Meetup #12

イベント内容

第 12 回TensorFlow User Group(TFUG)のミートアップ開催のお知らせです。 TensorFlow User GroupはTensorFlowに興味をお持ちの全ての方に取って有益な情報収集、情報交換の場になることを目指したミートアップを定期的に開催します。

概要

今年最初のTensorFlow User Group Meetupになります。今回はTensorFlow Everywhereのご紹介、TensorFlow 2.xの振り返り、ストックマーク様でのCloud TPUやBERTを用いた事例の3本立ててお届けします!

また、このイベントは世界中のTensorFlowコミュニティーによる一連のイベント「TensorFlow Everywhere」のうちの一つとして実施する予定です。みなさん奮ってご参加ください!

なお、本イベントはYouTube Live で配信するオンラインでの開催となります。 視聴URLは後日、参加者に共有します。

タイムスケジュール

時間は目安です。変更の可能性があります。

時間 タイトル 登壇者 概要
19:00 配信開始
19:00-19:05 オープニング - -
19:05-19:10 TensorFlow Everywhere について taquoさん -
19:15-19:20 Q&A1 - -
19:20-19:40 TensorFlow Lite と Coral で Edge AI を実装してみよう Khanh LeVietさん(Google, Developer Advocate ) 最近の話題になった Edge AI ですが、実は TensorFlow Lite と Coral でかなり楽に実装できるのをご存知ですか?このセッションでは、モバイル端末とIoTデバイスで Edge AI を実装するための TensorFlow Lite と Coral の基礎知識を紹介します。最後に Edge AI 分野における Google の最先端の研究成果をいくつか紹介します。
19:40-19:50 Q&A2 - -
19:50-20:15 TensorFlow v2 振り返り Shuhei Fujiwaraさん 2019年9月にTensorFlow 2.0 がリリースされてから1年以上経ちました。当時はサポートされていなかったりExperimentalサポートだったりした機能も開発が進み、現在バージョン2.4がリリースされています。毎回のアップデートで、各種機能の安定化だけではなく、1.xにはなかった機能もぞくぞくと開発されているので、今回のTFUGミートアップで一気に振り返ります。
20:15-20:25 Q&A3 - -
20:25-20:50 BERTを用いた自然言語処理プロダクトの開発・運用 近江崇宏さん(ストックマーク株式会社) ストックマークではBERTと呼ばれるニューラルネットワークを用いた自然言語処理のプロダクトを展開しています。今回の発表では、BERTとは何か、BERTを用いてどのような処理を行なっているのか、BERTをどのようなインフラで運用しているのかなどについて紹介します。
20:50-21:00 Q&A4 - -
21:00-21:05 クロージング - -

TFUG について

行動規範

TFUG は以下の行動規範に従います。

https://tfug.jp/policy.html

諸注意

  • イベントの様子を撮影・録画し、ブログやSNSなどで公開することがあります。その際、参加者のコメントなどが公開されることがあることをご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。