【オンライン開催】銀座Rails#35@リンクアンドモチベーション

イベント内容

内容

銀座Railsは、Railsについての知識を交換し、日々の開発に役立てていこうという人々の集まるコミュニティです。

発表者募集

発表者を以下フォームにて募集しております。

今回の募集は終了致しました。

今回もオンライン開催のため、ご自宅等からのご登壇も歓迎です。

なおご登壇頂いた方には、銀座Rails Tシャツかパーカーのうちどれか一つ、お好きなものをプレゼント致します。 https://suzuri.jp/ginzarails ※発送は銀座Rails実施後になります

『こんな内容で大丈夫だろうか』『発表枠が長いので相談したい』などのご心配がありましたら、 Twitter @GinzaRailsまでDM等でご相談下さい。 (先着順のため、相談中の枠の完売につきましてはご容赦下さい)

タイムテーブル

Time Description
18:30 開場
19:00 - オープニング
19:05 - 19:10 スポンサーセッション リンクアンドモチベーションさま
19:10 - 19:25 森雅智(@morimorihoge)さん(BPS株式会社)
「出張Railsウォッチ in 銀座Rails」
19:25 - 19:40 菊池修平さん
「認証基盤開発で遭遇したシングルログアウトの問題と対応について」
当社リンクアンドモチベーションでは認証基盤となるアプリケーションをRails x Auth0で開発しています。その時に悩まされたのがシングルログアウトの実現でした。
SSOに比べると取り上げられることの少ないシングルログアウトの難しさと、その対応についてお話したいと思います。
19:40 - 19:45 休憩
19:45 - 20:05 @joker1007さん
「Rails on AWS Lambda」
AWS Lambdaのコンテナイメージサポートを利用してRailsのコードをLambdaの基盤で実行する流れと、そのユースケースについて話をする。
20:05 - 20:15 休憩 + バッファ
20:15 - 20:20 スポンサーセッション DeNAさま
20:20 - 20:50 ゲストスピーカー 島田 浩二(@snoozer05)さん
「Railsと継続的アーキテクティング」
「モノリスからマイクロサービスへ」。これは、私が翻訳して2020年にオライリージャパンから出版された書籍のタイトルです。ここまで身も蓋もない感じではないにしろ、昨今のWeb業界では、このような主張を見かけることも少なくありません。
しかし、(これは前述の書籍にも書かれていることではありますが)アーキテクチャ上の決定を行うというのは、流行に沿った判断をすればいいという単純な話でもありません。
この発表では、現代のWebアプリケーション開発、それもRailsから始めるようなWebアプリケーション開発における「アーキテクティング」について考えてみたいと思っています。
本編終了後 オンライン懇親会

※ 運営の都合により変更がある場合がございます。予めご了承下さい。

会場

ZOOMを用いたリモート開催となります。

今回よりZOOMのウェビナー機能を利用致します。参加時に表示名とメールアドレスの入力が必要となります。恐れ入りますがご了承下さい。

開場時間前後になりますと、本connpassにご登録されたアドレスに、参加のためのURLが配布されますので、そちらを用いてJoinをお願い致します。
no-reply@connpass.com からのメールが迷惑メールフォルダ等に入らないよう、ご注意下さい。

簡単なガイドが以下URL先にございますので、参加前にご一読下さい。
https://esa-pages.io/p/sharing/2231/posts/328/5ef1b5a646b39d4fb3e8.html

その他、諸事項調整中です。運営に不慣れな点もございますが、ご協力をお願い致します

Sponsors

スポンサー 株式会社ディー・エヌ・エー様

株式会社ディー・エヌ・エー様ロゴ

銀座スポンサー 株式会社リンクアンドモチベーション様

株式会社リンクアンドモチベーション様ロゴ

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント