IBM Dojo : OpenShiftでメインフレームCOBOL開発

イベント内容

概要

IBM Wazi Developer for Red Hat CodeReady Workspaces(Wazi)は、仮想化されたz/OS環境をOpenShift上に提供します。 z/OSの開発・テスト用のサンドボックス環境をOpenShiftで容易に構築・管理できるようになります

本Dojoは、VSCodeでOpenShift上で稼働する仮想z/OS環境に接続し、メインフレームCOBOLアプリケーション開発を体験していただけるセッションです。

本Dojoは、ハンズオン環境の準備の都合上 参加人数を制限 させて頂いております。

タイムテーブル

オンライン・イベント参加のURL: [参加者への情報] 欄に後日公開いたします。

13:55 以降に上記の参加用 URL にアクセスし、開始をお待ちください。 社員の方も同様です。

時間 内容 発表者
13:55-14:00 オンライン接続
14:00-14:55 概要説明、ハンズオン 日本IBM 駒場美恵子
14:55-15:00 クロージング

※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい

終了後は、アンケート入力とQ&Aサポートの申し込みをよろしくお願いいたします。

参加条件

受講前に、ご使用のPCに前提環境の準備をお願いいたします。
詳しい手順はこちらの資料をご参照ください。

  • Java SDK : 64bit版 v8以降がインストールされていること

  • node.js : v8以降がインストールされていること

  • npm : v5以降がインストールされていること

  • Visual Studio Code(VSCode) : v1.44以降がインストールされていること

  • Zowe CLI : v6.22以降がインストールされていること
    ※Zoweは開発者がクラウド・プラットフォームと同様にメインフレーム上で安全に開発・運用を行える、z/OS向けのオープン・ソース・フレームワークです。本Dojoでは、ZoweのCLIを利用してWazi Sandbox(仮想z/OS)環境へアクセスします。

その他

IBM Wazi Developer for Red Hat CodeReady Workspacesについての詳細は、こちらのWebサイトをご覧ください。

講師

駒場 美恵子

日本アイ・ビー・エム株式会社
テクノロジー事業本部
カスタマーサクセスマネージャー

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント