日本円ハッカソン

イベント内容

日本円ハッカソン開催

伝統ある通貨「日本円」をテクノロジーとひらめきで進化させよう!

日本円ハッカソンは、エンジニアが世界に羽ばたく機会を生み出すために有志によって始まりました。

1871​年に登場し、生活の中で当たり前に使われる「日本円」。様々な技術の登場とともにこの日本円を進化させるアイディアを追求するのがこのハッカソンの目的です。

2009年に登場してからその進化をやめないブロックチェーンと分散型台帳技術。この新しい技術と思想をもとに日本から生まれた注目の発明「JPYC」を生み出したチームとともに、「日本円の進化」を学び、あなたのアイディアで日本円を更に成長させていきましょう!

このイベントの、世界中のブロックチェーンプロジェクトや有名チームに情報が届けられます。ハッカソンから生まれた優良なプロジェクトやチームに、海外の主要ブロックチェーンプロジェクトへのチャレンジの機会がくるかも!?運営委員会が世界へ挑戦するための調整や言語のサポートを提供します。

ブロックチェーンプロジェクトに興味のある方、分散型金融を学び、チャレンジしませんか?日本円ハッカソン、挑戦者求む!

【ハッカソンのGOAL】

日本発ステーブルコインの「JPYC技術」と「ブロックチェーン間ブリッジ技術」を取得し、ブロックチェーンx日本円を使った新たなサービスや、JPYCの拡大の企画・Demoを発表しよう!

※JPYC技術チームによる研修プログラム有り

イベント後も、今後行われる継続的な企画や情報をお届けします。同じ興味関心を持ったコミュニティと情報交換していきましょう!

さらに優秀チームには世界のブロックチェーンプロジェクトに提案する機会が得られる特別なプログラムも予定されています。お楽しみに!

【参加条件】

  1. 登録費:500円 1人につき

  2. 年齢制限・地域制限は無し

  3. 『エンジニア』が1名以上のいるチーム(Max4人まで可能) ※チーム代表者がご応募ください

  4. 発表は日本語(ドキュメント英語はOK)

  5. チーム要件  ・チームにエンジニアが1名以上いること  ・プレゼンター、企画担当、デザインなど最大4名までのチーム登録参加可能

【エンジニア】枠の要件!挑戦者求む!

  1. JavaScriptの基礎知識がある(async/awaitを理解している)

  2. 今までに英語で書かれたAPIマニュアルを読んだことがある

  3. ブロックチェーン開発に継続して取り組みたい

上記の三点を満たす参加者の方は『エンジニア枠』でご応募できます。

※ブロックチェーン分野の開発経験は必須ではありません。 ブロックチェーン特有の実装上のコツにつきましては、サンプルコードなどを通じ、開発を支援していく予定です。

【参加賞】

・参加者全員に2,000円相当のJPYC & 約1,000円相当のFreeTONエアドロップ!

・(他協賛プロジェクトの暗号資産エアドロップの可能性も!)

【優秀賞】

今回の日本円ハッカソンでは、共同開催企業JPYCの助成金プログラムの基準に基づき、助成金を受け取るチャンスがあります。 助成金は3つのレベルに分かれており、それぞれのレベルによって最大助成額に差があります。 ※チーム単位での受賞となります。

レベル3の100万円を目指しましょう!!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント