新月の夜はデータ供養会 〜第一夜〜

イベント内容

新月の夜はデータ供養会

BADオープンデータ供養寺は、世の中に災厄をもたらすBADなオープンデータが二度とこの世を彷徨わないように「供養(データクレンジング)」するために建立されました。 シビックテックのカンファレンスCode for Japan Summitのセッションとして毎年多くの方にご覧頂いていたところ、セッションの枠だけでは話きれないdeepな話をじっくりできるように、「新月の夜はデータ供養会(くようえ)」シリーズを立ち上げました。 毎月新月の夜にゲストをお招きして、BADデータの実態や、GOODデータに生まれ変わらせるための供養術についてお伺いします。

第一夜のゲストは株式会社自動処理の高木祐介氏をお招きして、ベンチャーにおけるデータ活用ビジネスの裏側で行われている、オープンデータを使った法人・事業所マスタの整備における苦難、それらを通して得られたマスタデータ整備のベストプラクティスについてお伺いします。

概要

ゲスト

高木 祐介(たかぎ ゆうすけ)氏

株式会社自動処理代表。元コードフォージャパン副理事長。ミーカンパニーCDO。大規模営業支援システムのリプレイスとデータ移行を経験。2009年よりオープンガバメント政策に関わり、国民から意見収集する複数の仕組みの構築に携わる。現在は医療系オープンデータをクリーンなマスタデータに変換して販売する事業を展開中。 - Facebook

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント