世界一わかりみの深いクラウドネイティブなアプリ開発 on Azure 第7回

イベント内容

世界一わかりみの深いクラウドネイティブなアプリ開発 on Azure
〜第7回:どんと来いDocker〜

開催日時

10月28日(木) 12:00〜13:00

内容

昨今巷で話題の「クラウドネイティブ」。

本セッションでは、「Azureによるクラウドネイティブなアプリ開発」に焦点を当てて、クラウドネイティブとはどういうものか、今までの開発と何が違うのか、Azureでどのように実現するかといった内容を、複数回シリーズでお届けしています。

第7回目は、「どんと来いDocker」をテーマに、なかなかにわかりにくいDockerの概念を優しく紐解きます。今回は「Dockerってナニソレオイシイノ」という方向けのセミナーであり、Azureみはまったくないので、AWSな人や、オンプレな人もどんと来いです。

Dockerはクラウドネイティブとは切っても切り離せない存在です。AzureのKubernetesマネージドなサービスである「Azure Kubernetes Service」にも使われていますし、Webアプリケーション実行基盤のPaaSサービスである「App Service」も実はDockerが使えたりします。そんなDockerですが、その概念は意外につかみにくかったりします。仮想化との比較や実例をふんだんに交えながら、優しく丁寧に解説します。

アジェンダ

1.コンテナってなに?
1.1 仮想化について
1.2 仮想化とコンテナの比較
1.3 もうちょっと詳しい仮想化とコンテナの比較
1.4 ホストOS上で複数のアプリを動かす場合
1.5 コンテナで超重要な概念「namespace」とは?
1.6 namespaceを作ってみよう!!
1.7 namespaceだけではなくコマンドやライブラリも必要
2.Dockerってなに?
2.1 Docker Hubについて
2.2 コンテナのカスタマイズ
2.3 プライベートリポジトリ
3 なんでコンテナを使うの?

スピーカー

シニアアーキテクト 武井 宜行(たけい のりゆき)
2020年 Microsoft MVP for Azure を受賞
スピーカー画像

会場

YouTube Live


イベント主催者

ロゴ画像

サイオステクノロジーのエンジニア(プロフェッショナルサービスチーム)とはこちら>>
サイオステクノロジーの採用情報はこちら>>
本イベントに関するお問合せはこちら>>
本イベントはサイオステクノロジー株式会社が開催しております。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント