第6回ACRiウェビナー:高位合成にチャレンジしよう

イベント内容

イベント概要


アダプティブコンピューティング研究推進体(ACRi)は、FPGAの活用方法を模索、研究する団体です。より多くの方にFPGAを楽しんでほしいと考えているACRiでは、ウェビナーを通じてFPGAの学び方・楽しみ方や活用事例を紹介していきます。

さて今回は、満を持して「高位合成(HLS)」について取り上げたいと思います。過去5回のACRiウェビナーでは、ロボティクスやAI推論、自動運転など、注目のトピックを取り上げてきましたが、実は高位合成も人気が高く、アンケートを取るたびに常にTop3に入る人気テーマでした。ご存じの通り、高位合成ツールを使う事で C/C++, OpenCL等の高位言語で書いたコードをFPGA上に実装することが出来る訳ですが、単にハードウェア記述言語を習得しなくてもFPGAが扱えるようになる「ツール」という側面だけではなく、以前からRTLベースでFPGA開発を行ってきた技術者の方が開発効率向上や期間短縮のための「開発手法」として高位合成ツールを活用する、という流れも生まれています。

一言で「高位合成」とは言ってもかなり奥深い世界ですので、ACRiウェビナーでは複数回に渡ってこのテーマを連載したいと思います。まずは今回は導入編ということで、初めての方にも分かり易い高位合成の可能性や楽しみ方について、FPGAインフォメーション/小山様、ザイリンクス/安藤様のお二方より解説して頂きます。ご期待ください。

セッション内容の紹介

企業講演1:SW技術者に送る、FPGA入門

講演者:有限会社FPGAインフォメーション 小山 忠昭 様

概要: FPGAを使いたいけど、どこから始めたらいいの?という声を時たま聞きます。FPGAの使い方が多岐に渡り、使い方によって、適切な入門方法が変わってきているからです。2021年現在、どんなFPGAの使い方があるのか、そして、どんな開発方法があるのか、その中でも注目されているC言語設計(高位合成)について、ご紹介いたします。

企業講演2:ACRi HLSチャレンジ 高速化テクニック紹介

講演者:ザイリンクス株式会社 スタッフSAE 安藤 潤 様

概要:ACRiルームが提供する新しいコンテンツとして、今年8月より「ACRi HLSチャレンジ」がスタートしました。与えられたお題に対し、より高速なハードウェア回路を目指してパズル感覚で高位合成ツールを学んで頂けるサイトです。既に多くの方が参加(HLSのコードを投稿)してくれていますが、ランキング上位の方のコードを解説しながら、幾つかお奨めの高速化テクニックを紹介します。

対象の方

FPGAによる高速化に興味のあるエンジニア、学生(初心者の方、大歓迎です)
ACRiの活動に興味を持ってくれている企業の方、教育機関の方


スケジュール

  アジェンダ 時間
1. オープニング 17:30-17:35 (5分)
2. 企業講演1:SWエンジニア向けの高位合成の学び方指南(仮)   17:35-18:20 (講演+Q&A 45分)  
3. 企業講演2 : ACRi HLSチャレンジ 高速化テクニック紹介  18:20-18:55 (講演+Q&A 35分) 
4. クロージング 18:55-19:00 (5分)

ハッシュタグ

今回のイベントのハッシュタグは #ACRi です。是非皆さんのSNSで拡散をおねがいします。

注意事項

・このイベントはオンライン(YouTubeでの配信)で行います。登録者に配信URLをメールでお知らせいたします。
・このイベントはFPGAに興味がある方ならどなたでも参加いただけます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント