【再開催!】AR Fukuoka Lite: Unityで始めようWebAR

イベント内容

UnityでWebAR開発を始めてみよう!

12/12追記

キャンセル待ちの方向けにYouTube配信も行います!
こちらは視聴のみでサポートなしとなりますが、Unityを使ったWebARの開発手順にご興味のある方はぜひご覧ください。

概要

PCやスマートフォンの性能が向上したことで、いつでも・どこでも・だれでもAR(拡張現実感)コンテンツを体験できるようになりました。また、開発に関しても様々なツールが登場したことで、わずかな手間でARコンテンツを開発できるようになりました。
そこで今回はWebブラウザ上で動作し専用アプリのインストールが不要なWebARを題材に、ゲーム開発エンジンUnity使ったコンテンツの作り方を解説します。初心者大歓迎なのでこれからARコンテンツを作ってみたい人、勉強のとっかかりが欲しい人はぜひこの機会にご参加ください!

*今回はLite版ということで事前に資料を用意せず、作りながら解説するスタイルになる予定です。(もちろん一緒に開発することは可能です。)

作るコンテンツのイメージ(クリックで動画再生)


興味はあるけど知識や技術がなくて不安、という方は以下をご覧下さい。

Q. プログラミングの知識がないと難しいんでしょ?
いいえ。プログラミングの知識は基本的には必要ありません。
Unityの知識があればベターですが必須ではありません。
演習はステップ・バイ・ステップで動作確認をしながら少しずつ
進めていきますのでご安心ください。

Q. ツールの使用にお金がかかったりしないの?
いいえ。無料でARコンテンツの作成、閲覧を楽しむことができます。
当日必要なのはPC(Wind/Mac)とスマホ、Unityのみです。

Q. ARとかITって聞くだけでハードルが高い。。。
今回はプログラミングなどの知識や技術がない方でも、コンテンツの作成が可能な勉強会です。

必要なモノ

・開発用PC (Win/Mac)

・カメラ付きのスマホ/タブレット

・後日、主催者からお知らせするバージョンのUnity
 http://arfukuoka.lolipop.jp/zapworks/preparation.pdf  

・PC搭載のWebカメラ(もしあれば)

参加条件

・ARやVRの開発に興味があればOK。初心者大歓迎です!
・サンプルが動作すること。

PCの場合
下記のサイトでカメラが起動します。AR FukuokaのロゴにかざしてCGが表示されればOK。
https://t.co/UJ0jFtwOz3?amp=1

スマホの場合
下記のQRを読み込んだ後に表示されるサイトでカメラが起動します。AR FukuokaのロゴにかざしてCGが表示されればOK。
ar fukuoka

終了時間は多少前後する可能性があります。ご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。