【ハンズオン】はじめてのGitHub Actions

イベント内容

概要

GitHubと連動して、テストやデプロイなどの様々な処理を自動化できるGitHub Actions。 その使い方をオンラインハンズオン形式で学びます。

テキストとして、RailsアプリケーションをAWSに自動デプロイする方法を学ぼう! の無料部分を使います。
無料部分を使うので、購入の必要はありません。

当日は、Ruby on Rails製のサンプルアプリケーションのプルリクエストに対して、GitHub Actionsでテストを実行する方法を学びます。

テキストのタイトルにAWSが含まれていますが、当日のハンズオンではAWSは使いませんので事前の用意は不要です。

参加条件

  • 必要なこと
    • GitHubのアカウントを持っている
  • 以下は無くても大丈夫です
    • GitHub Actionsに関する知識
    • AWSアカウント

Ruby on Railsの知識は無くてもハンズオンを進められますが、趣味程度で構わないので多少は触った経験があった方がGitHub Actionsの理解に集中できて良いかと思います。

注意点

Railsでのテストの書き方などは学びません。

ハンズオン内容 および 事前準備(基本的に不要です)について

テキストの無料部分のうち、ハンズオン当日にやる範囲は以下の通りです。

テキスト 内容
0-5 サンプルアプリケーションのコピー アプリケーションをローカルにコピー(git clone)するとともに、あなたのGitHubのリポジトリにプッシュします。
1-1 本章の流れ 1章の概要説明
1-2 テストの実行 GitHub Actionsのワークフローを作成し、テストを実行します。
1-3 キャッシュの利用 テストの処理時間を短くできるよう、キャッシュを利用します。
1-4 テスト失敗時にmainブランチへマージ不可にする テスト失敗時にmainブランチへマージ不可となるよう、GitHubの設定を行います。

上記以外の無料部分(0-1 〜 0-4 および 0-6)はGitHub ActionsではなくローカルのPCでサンプルアプリケーションを動かすための作業となるため、ハンズオンでは取り扱いません。

ただし、時間に余裕のある方は0-5と一緒に事前に実施しておいていただいても構いません。

当日のゴール

GitHub Actionsに関して以下がわかる/知っている状態になる

  • GitHub Actionsの実行方法
  • 初歩的な構文知識
  • キャッシュの使い方

こんな人におすすめ

  • GitHub Actionsというものを聞いたことはあるが、実際に使ったことは無い人
  • GitHub Actionsの基本的な使い方を効率良く学びたい人

当日の講師役

  • @shonansurvivors
  • 某企業のWebエンジニア
  • GitHub Actionsの使用経験は1年ほど

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。