機械学習の社会実装勉強会第7回

イベント内容

機械学習は様々な分野、企業で活用が始まっていますが、その多くはPOC止まりであり、 ほとんどの機械学習プロジェクトは社会実装されないという現実があります。私たちはその課題を解決し、機械学習の社会実装を進めるために、ナレッジの集積を始めました。

今回はその第7回目の勉強会の案内です。

対象者

機械学習プロジェクトに関わるデータサイエンティスト、開発エンジニア、ビジネスサイド

こんな方におすすめ

  • 機械学習プロジェクトを実施したが、ビジネス的な成果はあげられず、次は成功確率をあげたい
  • 機械学習プロジェクトに関わったが、データサイエンティスト・開発エンジニア・ビジネスサイドのコミュニケーションが難しい
  • 機械学習プロジェクトが全然スケジュール通りに進まない
  • 機械学習プロジェクトを推進できる組織をつくりたい

勉強会内容

  1. 『Amazon SageMaker Canvasを使ったノーコード機械学習』 スピーカー: 西岡賢一郎 学生時代は、位置情報用いた予測モデルの研究をして博士 (学術) を取得。 博士課程在籍中に研究者仲間とデータサイエンスをサービスとして提供する会社を起業。その後、起業した会社を別の会社に売却しCTOとして3年半従事。現在は、株式会社データインフォームド創業しプロダクト開発をしながら、CDPを開発するスタートアップでPdMとしても働く。

  2. 『KServe概要』 スピーカー: 那珂将人 ByteDanceでレコメンドエンジニアを2年働いた後、帰国して自社開発のデータ分析ツールのインフラ構築・運用やML機能開発をリード。

  3. 『CycleGANを用いた画像変換』 スピーカー: 岩澤幸太朗 UX企画関連のソフトウェア開発に従事、統計・MLを用いた解析機能の開発及び運用を担当

勉強会概要

  • 日時:2022年1月29日(土)10:00~11:30
  • 開催方法:zoomで開催します。参加者には、事前にリンクを送付します。
  • 定員:50名
  • 費用:無料
  • 主催:機械学習の社会実装勉強会 有志CycleGANを用いた画像変換

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。