【オンライン】第43回CoderDojo御茶ノ水

イベント内容

CoderDojoについて

CoderDojo は子供たちのための無償のプログラミング道場です。
日本中、世界中でたくさん開催されています。

参加する子供たちのことを「ニンジャ」と呼びます。サポートする人たちのことを「メンター」と呼びます。

CoderDojoには決まった課題はなく、何をするか何を作りたいかをニンジャが自分で考えます。
もちろん、迷ったり困ったりした時は、メンターがサポートします。

CoderDojo Japanのサイト
CoderDojoの趣旨をご理解いただき、ご参加ください。


オンライン:zoomでの参加について

zoomのインストール

  • Mac・Windowsで参加される方はこちら
  • iPadで参加される方はこちら

iPhone・Android携帯でもZoomを使うことができますが、
プログラミングをするのと同じ端末に入れていただくことをお勧めします。

各々、当日までに準備をしておいてください。

Zoom接続テストの時間を設けます。

当日、9時30分頃からZoomに接続できるようにしておきます。
Zoomを初めて使う方、不安がある方は早めにつないで確認してみてください。
(テスト時間中、メンターが待機していない時間もあるかもしれません。)

Zoomを初めて使われる方はこちらのスライドも参考にしてください。

zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法
CoderDojo小平のチャンピオンの方が作ってくださったスライドです。


Dojoでやれること

  • Scratch、micro:bit、マイクラなどやりたいことをやってください。
  • 御茶ノ水Dojoでは、Scratchをやっているニンジャが一番多いです。
  • 会場参加の場合は、貸し出し用のmicro:bitがあります。
  • オンラインでもやれることは同じです。ただし、パソコン画面を通しての会話なのでうまく話が伝わらなかったり、メンターも上手にサポートしてあげることができないかもしれません。その時はご容赦ください。



撮影(オンライン参加の場合:Zoom画面の撮影)について

  • Dojo運営側で、開催レポートなどに使用する写真を撮影することがあります。撮影した写真は、参加ニンジャのお顔、お名前などが見えないように加工して使用します。
  • 参加者の方が個人的に撮影をされることは問題ありませんが、他のニンジャのお顔やお名前が写っている写真をSNSにアップしたり人に送ったりすることはご遠慮ください。

  • ニンジャのみんなの発表作品の画面写真は、是非そのままレポートに使わせていただこうと思います。


CoderDojoに初めて参加する方へ

初めての方向けに、Scratchの初級編レクチャーを行います。
やりたいことが決まっていない、分からないという方は、こちらをお勧めします。

*Scratchのレクチャーに参加される方は、
 Scratchのユーザー登録(無料、オンライン版)を済ませておいてください。
 https://scratch.mit.edu/
 (右上のScratchに参加しよう から)


その他

当日の流れ

1.挨拶と自己紹介
2.プログラミングタイム
3.発表タイム
4.終わりの挨拶


作るものを前もって決めておくと◎

何を作るか先に決めておいたり、1人で進められるニンジャはどんどん進めておいて下さい。

もちろん迷って決められない場合や、初めての場合は
当日メンターに相談してからスタートしましょう。

参考になりそうなサイトまとめ

・参考サイトメモ
https://docs.google.com/document/d/1kGP0uiai4xuJEO3nnfgDvGX8evEqMs6TDijI4xXcsyI/edit

Scratch作品の共有

Scratch作品の共有の場として、御茶ノ水のスタジオがあります。
他のニンジャにも見てもらえるように、是非スタジオに作品をアップしてください。
https://scratch.mit.edu/studios/4596695/

参加申し込み以外のお問い合わせ

メールにてご連絡ください。
メンター参加、見学ご希望の方もこちらにお願いいたします。
coderdojo-ochanomizu@tam-tam.co.jp
渡辺まで

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。