Future Tech Night #19 AWS CodePipelineと新聞向けCMS構築事例

AWS

イベント内容

経営とITをデザインするフューチャーの勉強会です

Future Tech Night はフューチャーが業務を通して得た技術的な知見やナレッジを共有する勉強会の19回目です。過去の開催レポートはこちら

① CodePipelineを用いたECS on EC2でのBlue/Greenデプロイメント

CodePipelineを用いたECS on EC2でのBlue/Greenデプロイメントについてお話しします。 ECSでのデプロイメントの種類、CodebuildやCodeDeployで使用する「buildspec.yml」や「appspec.yml」の記載方法や パイプライン実現までに、ハマったポイント、Tips等を解説できればと思います!

② 新聞業界を変革するクラウドサービス「GlyphFeeds」を支えるAWSサービス

GlyphFeedsとは、Futureが独自開発したメディア業界向けのクラウドサービスです。新聞メディアCMS(基幹システム)をAWSフルクラウド&Webアーキテクチャで実現しています。

今回は、新聞メディアCMSの特性に触れながら「DynamoDB」「OpenSearch」を利用したコンテンツ管理システムと コンテンツを活用した新規サービスの中から「CloudFront」と「S3」を組み合わせた動画ストリーミング配信の実現についてお話します!

フューチャー技術ブログにてGlyphFeeds連載も開催しています。

スケジュール

2022/01/28(金)18時より開催します。

  • 17:30~17:50  Zoom接続情報をメールにて配信(当日に共有します)
  • 17:50~18:00  開場受付開始(Zoom)
  • 18:00~18:05  会場説明
  • 18:05~18:25  CodePipelineを用いたECS on EC2でのBlue/Greenデプロイメント
  • 18:25~18:30  質疑応答
  • 18:30~18:55  新聞業界を変革するクラウドサービス「GlyphFeeds」を支えるAWSサービス
  • 18:55~19:00  質疑応答、アンケート入力

注意点

お申し込み時にいただいた個人情報(以下「個人情報」といいます)は、当社が個人情報保護法に基づき適正に管理し、本イベントの実施またはご連絡、お問合わせにお答えすること、その他イベント等のご案内、その他これらの業務上必要な範囲でのみ利用いたします。 なお当日の写真・動画などは、当社のWEBサイト等で使用させていただく場合がございます。

当社の個人情報保護方針は、プライバシーポリシー・ 個人情報の取り扱いについて をご参照ください。 なお、個人情報の開示、訂正、追加、削除等を希望される場合には、career@future.co.jpまでご連絡ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。