【無料:オンライン】データのウソを暴く考え方

イベント内容

統計データを活用するための正しい情報を読み取る力

★授業風景を、こちら(動画)からご覧いただけます!

統計学のリテラシー向上により、10年前と比べるとビジネスシーンを始めとした社会一般で統計が広く使われるようになってきました。

統計データに基づいて分析がなされ「難関大学を卒業すると生涯年収が増える」、「広告費を増加させると売上が上昇する」といった「●●すると○○となる」というレポートを仕事だけでなく日常のニュース記事などでも見ることも当たり前になってきました。

これらは一般的に「因果関係」と呼ばれるものですが、果てしてこれらの「因果関係」の読み方は正しいのでしょうか?

実は「因果関係」がないもの同士に関連が出てくる現象、いわゆる「偽の因果関係」と呼ばれるものが世の中にはたくさん存在するのです。

これら「偽の因果関係」を因果関係と思ってしまうと、誤った判断をしてしまうことになります。

そこですべての社会人の方がこれらの「偽の因果関係」に騙されないようにするために、正しくデータを読み解く考え方を学習できるセミナーをご用意しました。

実際に「偽の因果関係」が現れるようなデータモデル(ビジネスデータ、社会データなど)を一緒に見ながら、そのデータを正しく分析、解析し、正しく読み解く手法をセミナー内で行っていきます。

この講義内では難しい数式や高度な統計手法を使って分析するということはしませんので、文系の方、数学が苦手な方、統計学やデータ分析の初心者の方の入門講座としてもオススメです。

すべての社会人の方にデータリテラシーを

本講座で学ぶ「因果関係の把握法」はビジネスシーンで必須のスキルです。

データに基づいた客観的な把握ができるようにデータリテラシーを基礎的な部分から学んでいきましょう。

本セミナーは別日にも開催しております。

スケジュールが合わない場合は弊社Webページから他日程をご確認ください。

セミナー内容

・データとは?

・データを読み解くための3つの視点

・データから関連性を読みとく力を理解する

※カリキュラム内容は進捗等によって変更されることがあります。

受講対象

・統計学をこれから始めてみようという方

・因果推論を理解したい方

・仕事でExcelを使い、データ分析を行う必要がある方

・日常の情報に騙されずに読み解く力を身に着けたい方

担当講師

川原 祐哉

広島県進学塾にて講師経験。数字の扱い方からわかりやすい講義で人気 大学卒業後教育業界に従事しデータを用いた教育指導、経営判断に関わる。

自社のデータ分析・データ管理を行いつつ、実務で使える統計を社会人に教える講座を実施中。

ビジネスマンの統計リテラシーの向上を目指し行う授業は、統計初心者にもわかりやすいと好評。

またRやpythonを用いた統計解析の個別指導も実施。

〈インタビュー掲載〉

週刊ダイヤモンド2019年2/9号

ご参加にあたって(必ずご確認ください)

■開催当日は、以下の手順でご入場いただけます。

・該当の「イベント詳細ページ」を開いてください

・「参加者への情報」にオンライン会場URLを記載しております

■開場は開催の約15分前となります。それ以前のご入場はお控え下さい。

■開催当日の電話対応はできかねます。お問合せはメール、もしくはお問合せフォームよりお願い致します。

■iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。

zoomを用いてセミナーを行いますので、ブラウザが利用できるPCやタブレットなどの環境をご用意ください。

■個人情報の取り扱いについて

和から株式会社では、お申込みにて提供いただいた利用目的は次のとおりです。

・お申し込み手続きの実施

・講座等の実施

・お客様との事務連絡

・各種のご案内(メールや電話によるセミナーのご案内など)

※詳しくはこちら(https://wakara.co.jp/privacy)をご参照ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。