月曜から吉田統計 #11

2022/08/01(月)20:00 〜 22:00 開催
ブックマーク

イベント内容

目的

管理人(s.t.)はそういえば統計を真面目に勉強してこなかったのでそろそろ真面目にやろうと思いましたが,

  • 数学的にちゃんと書かれてないとキレる
  • 一人でやるなら統計より数学やりたい

ため, 吉田 数理統計(朝倉書店) を参考書として巻き込まれてくれる人を募集して半強制的に勉強します.

巻き込まれてもいいよって人を募集します.

進め方

セミナー形式で行います. 具体的には章ごと, または節ごとに担当を決めて, 担当者が発表をする形で進めます. 俺に話させろ!!話してもいいよなどあればご連絡ください(ぜひお願いしたく存じます

なお, 多忙のためなど,各種理由により担当箇所の発表が最後までできないとなった場合も,
管理人が続きを引き受けることは可能ですのがお気軽に発表に名乗り出ていただけたらと思います.

テキスト

吉田 朋広「数理統計学」(朝倉書店)https://www.asakura.co.jp/detail.php?book_code=11601

をテキストとして用いて, こちらを読んでいきます.

開催形式

しばらくは online で行いたいと思います. 開催日のお昼を目処に meeting 情報を送る予定です.

進捗

テキストの大体のページ 内容
1 P1 ~ P8 確率空間, 確率変数, 期待値やモーメント, 特性関数の定義まで
2 P8 ~ P11 特性関数, 積率及びそれらの関係性について
3 P12 ~ P15 離散分布, 連続分布(ガンマ分布の途中まで
4 P15 ~ P18 連続分布(ガンマ分布~ 対数正規分布)
5 P18 ~ P24 連続分布(ロジスティック分布~), 1.6 多変量分布
6 P24 ~ P31 1.6.2 共分散, 1.6.3 特性関数と分布の収束, 1.6.4 独立性
7 P31 ~ P32 1.6.4 独立性 演習問題
8 P32 ~ P35 1.6.4 独立性演習問題, 1.6.5 多変量連続分布
9 P36~P41 1.6.5 多変量連続分布演習問題, 1.6.6 多変量正規分布, 1.6.7 変数変換と確率密度関数
10 P41~42 1.6.7 変数変換と確率密度関数の演習問題と 1.6.8 従属生

次回 #11 は 1.7 条件付き期待値を行います.

注意

直前(19:30 目安)になっても meeting 情報が届いてない!!という場合は

  • 当ページにございます「イベントへの問い合わせ」 から
  • 主催の twitter : https://twitter.com/simizut22 にリプを送る (DM でもいいですが僕がフォローしてない人の場合は反応できない可能性が非常に高いです

のいずれかで連絡をしていただけたらと思います

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。