「アジャイル式」健康カイゼンに取り組んでみよう(全3回):第1回健康カイゼン導入編

2022/12/17(土)14:00 〜 17:00 開催
ブックマーク

イベント内容

↑参加者となると、こちらに参加のための情報が表示されます。

アジャイル式健康カイゼンガイド

ソフトウェア開発で広く使われる考え方・原則である「アジャイル」。短いスパンを繰り返しながら、新しい変化を取り入れていくその手法は、実は、身体と心の健康を改善・維持することにも応用できるのです。 本書を読めば、これまで「何となく体調が悪い」で済ませてきたあなたも、自分の体調や状態を正しく把握し、自分に合ったメニュー(実験)を考えて、楽しみながら試行錯誤とアップデートを繰り返し、健康に向けて自分自身をカイゼンできるようになるはずです。 さぁ、あなたも、健康を目指して「アジャイル式」に飛び込んでみましょう!

そんな著書がこのたび発刊されました。
「本を読むだけではなかなか難しい」「本が厚くて読むのが大変」、そんな読者の皆様の声にお答えして、参加型のワークショップでアジャイル式健康カイゼンを進める機会を作りました。

第一回は、本書の第6章で紹介されている「健康チェック」と、ともに取り組むグループづくりを、ワークショップ形式で開催します。

イベント内容

全3回のワークショップです。 オンラインでのイベント開催です。
オンライン会議ツール「zoom」を利用し、すべてオンラインで行います。
12月17日(土)に第一回を開催します。 そこでの参加メンバーに対して、1月28日(土)、2月(日程調整中)にふりかえりと軌道修正をしていく全3回のワークショップを考えています。(3回分を1回目で集金します)

想定参加者

  • 書籍を購入している
  • 書籍は読んだが、実践が難しい
  • 自分の健康に興味がある
  • 一緒に実践する仲間をつくりたい

予定内容・タイムテーブル

14:00 開会、17:00 閉会を予定。

TBD

注意事項

  • ワークショップ形式なので、音声で参加できる形でお願いします。
  • ワークショップ参加時は基本ビデオONでお願いします。(各人の健康というパーソナルな情報を扱うため)
  • facebookグループでアナウンス・お知らせをします。

イベントの流れについて

イベント後

イベント後、4人程度のグループを組み、SNSグループを活用しながら、実際のカイゼンを実践していこうと思っています。

メンバー紹介

懸田 剛

Zensow代表
Agile459

ソフトウェア技術者としてキャリアを開始し、2000年からアジャイル開発の実践及び、現場導入を支援し始める。2010年に愛媛県に移住し40歳から始めたランニングをきっかけに、身体・心・食事・運動と健康・生活・仕事の質のつながりに気づく。自身が「仕事と個人の健康は不可分」「心身の全体性」を追求しながら、他者に伝える活動も始める。
日本スポーツ協会公認スポーツプログラマー。

福島 梓


保健師、看護師、産業カウンセラー。
臨床心理学を学んだ後、SEとして働き始め、アジャイル開発やUXDの実践・支援に従事。働きながら健康を害す人の多さ、支援の状況に疑問を抱き、2014年千葉大学看護学部に入学。卒後、産業保健師として組織・個人の健康支援、組織開発支援に従事。
現在は健康相談や組織開発・新価値創造のコンサルティングに携わりながら「皆が自分らしくイキイキと働き続けられる社会」の実現に向け、日々模索している。

(モデレーター)ちゃちゃき

エクスペリエンスアーキテクトという肩書で、ITソフトウェア業界で、開発マネジメントやUXリサーチをやったりしています。 勉強会コミュニティを立ち上げたり、支援したりしながら活動しています。
宮城県松島町在住。
https://note.com/chachaki
http://blog.chachaki.net

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント