プロダクトづくりや組織変革の悩みを相談してみませんか?

2024/06/19(水)12:00 〜 19:00 開催
ブックマーク

イベント内容

プロダクトづくりや組織変革の難しさ

「自分たちのチームや部門、組織をより良くしたい、変わっていきたい」と日々活動していると、いろいろな問題や課題に直面します。

プロダクトづくりや組織変革において、課題は組織ごとに複雑化しており、かつアジリティの高い適応力が求められています。

しかし、同じ状況に長くいると視点や考えは固定されてしまいがちです。 また、書籍やウェブで紹介される方法論や先行事例をもとに自分たちで取り組みを進めることはできますが、うまくいくまでに時間がかかりすぎてしまうこともあるでしょう。

アジャイルコーチを「外のちから」として活用しよう

そんなとき、「外のちから」をうまく使うことで、より早く効果的に状況を好転させられることがあります。 新たな視点や異なる考えをインプットすることで、前に進むためのヒントを発見することができます。

レッドジャーニーでは、そんな「外のちから」の効果的なインプットのひとつとして「相談会」を開催しています。

チーム単位でアジャイルコーチに相談できる「無料オンライン相談会」を、ぜひご活用ください。

レッドジャーニーだから、できること

私たちレッドジャーニーは、金融、製薬、小売、サービス、自治体等、幅広い業種・規模の企業・組織において、開発・事業・組織をアジャイルにする取り組みや仮説検証による価値探索などを組織に根付かせ、さらに広めていくための伴走支援を行っています。

私たちの伴走支援は、外側から踏み込む立場ではあっても、その組織の一員だと錯覚するくらい深く関わっていくのが特徴です。 そうした関わり方をしてきたからこそ、クライアントと"ともに"壁を乗り越える数多くの経験を、メンバーそれぞれが蓄積しています。

また、それらの実践知を共有し、役立てていただくための機会も積極的に設けています。 クライアントの皆さまとの実際の活動について紹介するレッドカンファレンスをはじめとしたイベント開催や、コミュニティ運営、関連イベントへの登壇、各業界専門誌への寄稿などを通して、日本の組織の"今"を捉え続けています。

多様なバックグラウンドを持った経験豊富なアジャイルコーチを「外のちから」として使ってみませんか?

何気ない会話から、壁を突破し前に進むための手がかりが見つかるかもしれません。

これまでの支援実績

これまでに支援させていただいたクライアント様との対談記事を公開中です。 ぜひご参照ください。

アジャイルが経営課題解決の糸口になる。マネジメントチームにこそアジャイルを:三菱重工業株式会社

目指すは両利きの変革。設立から一年半の新設組織によるアジャイルの取り組み:ニッセイ情報テクノロジー株式会社

大組織にアジャイルを浸透させる取り組み。社内勉強会に500名以上の参加者を集めた工夫とは:野村證券株式会社

DX部と事業部門の両輪で推進する「三井不動産のDX」。組織全体をイノベーションする存在を目指して:三井不動産株式会社

記事一覧はこちら

ただいま6月開催分のお申込みを受付中

2024年6月19日(水)

  • 昼回|12:00-13:00
  • 夜回|18:00-19:00

各回1組限定での受付です。どうぞお早めにお申込みください。

こんな方はぜひお越しください

  1. アジャイルやスクラム、DXを推進・実践してみたけど、自分の現場ではうまくいかないと思っている人
  2. 組織の中でアジャイルやスクラムをうまく展開していけないとお悩みの人
  3. 組織やチームをもっといい感じにしたいと思っている人

進め方

  1. 時間枠は最大1時間です。
  2. 各回1組限定です。お一人様、またはチームメンバーとご一緒に参加可能です(最大3人くらいまでをおすすめします)。
  3. チーム参加の場合は、代表者のみお申し込みください。
  4. みなさんの状況などをお聞きしながら、回答していきます。
  5. 当日は4名のアジャイルコーチのうち1名〜2名で担当します。

アジャイルコーチ

市谷 聡啓 ( @papanda )

Untitled.png

株式会社レッドジャーニー 代表|元政府CIO補佐官|DevLOVE オーガナイザー

サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、自身の会社を立ち上げる。それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。

訳書に「リーン開発の現場」、著書に「組織を芯からアジャイルにする」「デジタルトランスフォーメーション・ジャーニー」「カイゼン・ジャーニー」「正しいものを正しくつくる」「チーム・ジャーニー」「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」「これまでの仕事 これからの仕事 ~たった1人から現実を変えていくアジャイルという方法」がある。

中村 洋 ( @yohhatu )

prof-nakamura.jpg

株式会社レッドジャーニー

CSP-SM(認定プロフェッショナルスクラムマスター)・CSPO(認定プロダクトオーナー)

様々な規模のSIerや事業会社でのアジャイル開発に取り組み、今に至る。現在まで主に事業会社を中心に40の組織、80のチームの支援をしてきた。「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を口癖に、チームや組織が自分たちで"今よりいい感じになっていく"ように支援している。

発表資料 「いい感じのチーム」へのジャーニー、チームの状況に合ったいろいろなタイプのスクラムマスターの見つけ方、アジャイルコーチが見てきた組織の壁とその越え方、など多数。

新井 剛 ( @araratakeshi )

prof_arai-300x300.jpg

株式会社レッドジャーニー 取締役COO

プログラマー、プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー、アプリケーション開発、ミドルエンジン開発、エンジニアリング部門長など様々な現場を経て、全社組織のカイゼンやエバンジェリストとして活躍。現在はDX支援、アジャイル推進支援、CoE支援、アジャイルコーチ、カイゼンファシリテーター、ワークショップ等で組織開発に従事。勉強会コミュニティ運営、イベント講演も多数あり。 Codezine Academy ScrumBootCamp Premium、機能するチームを作るためのカイゼン・ジャーニー、今からはじめるDX時代のアジャイル超入門 講師 CSP(認定スクラムプロフェッショナル)、CSM(認定スクラムマスター)、CSPO(認定プロダクトオーナー)

著書「カイゼン・ジャーニー」、「ここはウォーターフォール市、アジャイル町」、「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」、「WEB+DB PRESS Vol.111 見える化大作戦特集

森實 繁樹 ( @samuraiRed )

morizane.png

株式会社レッドジャーニー

大手SIerでの開発/運用、大規模プロジェクトマネジメントを経験した後、ミドルベンチャーでCTO、通信系事業会社でエンジニアリングマネージャー、国立大学で非常勤講師などを歴任。プロダクト開発や組織づくりに造詣が深い。2003年からアジャイル開発を実践しており、社内外問わずいくつものチーム、組織の支援を行ってきた。現在は、認定スクラムプロフェッショナル(CSP-SM/CSP-PO)としてDX支援に邁進している。

日本XPユーザグループスタッフ。BIT VALLEY -INSIDE-ファウンダー。保険xアジャイルコミュニティ「.insurance」オーガナイザー。アジャイル経営カンファレンス実行委員。

こちらも合わせてご覧ください

プロダクトづくりや組織変革、アジャイル、DXに関するオリジナル記事集

ご参加をお待ちしております!

イベント参加規約

イベント参加規約はこちら

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
情報提供元ページ(connpass)へ

新規会員登録

このイベントに申し込むには会員登録が必要です。
アカウント登録済みの方はログインしてください。



※ ソーシャルアカウントで登録するとログインが簡単に行えます。

※ 連携したソーシャルアカウントは、会員登録完了後にいつでも変更できます。

関連するイベント