TOP

クリップ
2014/04/10(木) 12:30 開催
愛知県

ナノカーボンの電池電極への応用と開発動向【名古屋開催】

基本情報

日 時: 2014/04/10(木) 12:30 〜 16:30
会 場: ウインクあいち 12F 1205
住 所: 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
定員数: 定員 20人
申込先: ATND

イベント内容

【趣旨】
今回の講義ではナノカーボンのフレームワーク構造が生み出すナノ空間をイオン貯蔵に利用することで次世代リチウムイオン二次電池負極や電気二重層キャパシタ電極、さらにポストリチウムイオン電池として期待される空気電池、Li-硫黄電池、ナトリウムイオン電池などにおいてナノカーボン電極がどのような性能を示すのかについて最新の実験結果をもとに解説する。

【プログラム】
1.蓄電デバイスの現状と課題
  1-1.電池の基礎
  1-2.電池の評価法(グラフの見方から測定法まで)
  1-3.電気自動車の歴史

2.ナノカーボンの合成、評価
  2-1.カーボンナノチューブの合成法と評価
  2-2.グラフェンの合成法と評価
  2-3.メソポーラスカーボンの合成と評価

3.リチウムイオン二次電池(LIB)
  3-1.LIBの現状と課題
  3-2.さらなる高容量化
  3-3.高速充放電はどうすれば可能になるか

4.電気二重層キャパシタ
  4-1.キャパシタの原理
  4-2.どうやったら高容量になるか?
  4-3.カーボンナノチューブキャパシタ

5.次世代二次電池
  5-1.金属-空気電池の現状と課題
  5-2.ナノカーボンの空気極性能
  5-3.ナトリウムイオン電池の現状と課題
  5-4.カーボンナノチューブ有機分子電池

【習得できる知識】
・二次電池、キャパシタの最新の開発動向
・電池評価技術の基礎(どうやって測定し評価するか)
・ナノカーボンの骨格構造、空孔構造の評価手法
・ナノカーボンのイオン吸蔵・吸着メカニズム
・ナノカーボン-セラミックス複合体の合成法および構造・物性評価手法

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2017/07/28(金) 18:30 〜 21:00
東京都 小川町
2017/08/22(火) 19:30 〜 22:00
東京都 六本木
2017/07/27(木) 19:30 〜 21:00
東京都 渋谷

Facebookページ

TECH PLAYで申込可能なイベント