【深層学習:DGL 0.5 ユーザガイド】2 章 メッセージ・パッシング

プログラミング
GCN (グラフ畳込みネットワーク) の定義はメッセージパッシング・パラダイムに適合しています : 各ノードは近傍ノードから送られた情報でそれ自身の特徴を更新します
【深層学習:DGL 0.5 ユーザガイド】2 章 メッセージ・パッシング
【DGL 0.5 ユーザガイド : 2 章 メッセージ・パッシング】
DGL (Deep Graph Library) は TensorFlow や PyTorch のエコシステムで、グラフ上の深層学習専用の Python パッケージです。

幾つかドキュメントが用意されていますので、順次翻訳しています。2 章の「メッセージ・パッシング」へと進みます。GCN (グラフ畳込みネットワーク) の定義はメッセージパッシング・パラダイムに適合しています : 各ノードは近傍ノードから送られた情報でそれ自身の特徴を更新します。

グラフニューラルネットワークの実装が単純化され、数十億のノード/エッジを持つグラフ上の半教師あり学習、グラフ上の生成モデル、TreeLSTM のような樹木モデル等が実装可能です。 [詳細]

関連するイベント

おすすめのコラム