IBM Q Experience 対応 量子機械学習を可能にする TensorFlow エコシステムの提供を開始

トレンド
量子機械学習ツールキット「ClassCat(R) Hybrid QNN」を提供開始
IBM Q Experience 対応 量子機械学習を可能にする TensorFlow エコシステムの提供を開始

クラスキャットの本日付 (11月12日) のプレスリリースです。
【IBM Q Experience 対応、量子機械学習を可能にする TensorFlow エコシステムの提供を開始】
◆ GPU と QPU のハイブリッド環境で動作「ClassCat® Hybrid QNN」
株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行) は、量子機械学習ツールキット「ClassCat® Hybrid QNN」を本日 (11月12日) から提供開始することを発表致しました。本製品は IBM Q Experience で利用可能な量子プロセッサを始めとする各種量子デバイスやシミュレータ上で量子機械学習を遂行できる製品で、深層学習フレームワーク TensorFlow のエコシステム (拡張キット) として提供されます。GPU アクセラレータと QPU (量子処理ユニット) のハイブリッド環境で高速に量子機械学習を実行できます。

<詳細>

おすすめのコラム

【クラスキャット:プレス・リリース】 量子クラウドサービスAmazonBraket対応

トレンド

【クラスキャット;プレス・リリース】ビジネス利用目的に特化した量子計算ソリューション・コレクションを2020年10月...

【クラスキャット:プレス・リリース】 量子クラウドサービスAmazonBraket対応