TensorFlow 2.1.0 ステーブル版リリース

プログラミング
Python 2 をサポートする最後のリリース
TensorFlow 2.1.0 ステーブル版リリース

【TensorFlow 2.1.0 リリースノート】
TensorFlow 2.1.0 ステーブル版がリリースされました。いつものようにリリースノートを翻訳しておきました。前バージョン (2.0.0) からおよそ 3 ヶ月が経過しています。

リリースノートによれば、TensorFlow 2.1 は Python 2 をサポートする最後のリリースとなるようです。Python 2 サポートは公式に 2020年1月1日で終了しています。

その他の重要な点として、Tensorflow pip パッケージはデフォルトで GPU サポートを含むようになりました。これは NVIDIA GPU を持つマシン/持たないマシンの両者で動作します。tensorflow-gpu は依然として利用可能で、(パッケージサイズが気になるユーザのために) tensorflow-cpu も利用可能になっています。
TensorFlow pip パッケージは CUDA 10.1 と cuDNN 7.6 でビルドされています。

<詳細>

おすすめのコラム