TOP

JUnit4×Groovyテスティングフレームワーク開発 - JGGUG G*ワークショップZ Feb 2014

イベント内容

G*ワークショップZは日本Grails/Groovyユーザーグループの定例イベントです。Java仮想マシン上で動作するGroovyGrailsGriffonGradleといったG*技術をテーマに、ハンズオンやコードリーディング、読書会など参加型の内容を毎月第3金曜日に開催しています。

G*ワークショップ"Z" 第11弾は

JUnit4×Groovyテスティングフレームワーク開発!

GroovyにはSpockというCoolなテスティングフレームワークが存在しますが、特定チームに最適であるかはまた別の話になります。今回はJUnit4のAPIを使ってオリジナルのテスティングフレームワークを作るハンズオンを行います。基本的にはxUnitでテストコードを書いたことがあり、JavaもしくはGroovyの基本文法を理解していれば大丈夫です。

前半に概要を説明し、後半にPCでハンズオンを行います。ノートパソコンの持参があるとより楽しめます。

  • JUnit4の基礎
  • JUnit4を活用すべき理由
  • JUnit4 APIを使ったテスティングフレームワークの開発

講演者紹介

きょん( @kyon_mm )さん

  • 名古屋市内企業に勤務しているテストアーキテクト
  • CI, DVCS, ITSなどの開発環境サポート、テスト戦略策定、テスト自動化などがメイン業務
  • .NETアプリに対してGroovy, C#, F#, Scalaなどでテストコードを実装することが多い
  • SCMBootCamp, Nagoya.Testing, 基礎勉強会などを主催

事前準備

ハンズオンに参加して、手を動かして確認しながら進めたい方は、

  • JDK7
  • Groovy
  • Gradle
  • お好きなIDE

をインストールしていただけているとスムーズにハンズオンを楽しめます。
講演者はIntelliJ IDEAを使用します。

会場について

http://www.ntts.co.jp/event/map_seminar.html

初めていらっしゃる方には特に注意していただきたいのですが、2階スカイウェイからの品川グランドセントラルタワーへの入口は2つあり、片方は日本マイクロソフトさん専用の入口になっています。そちらでは無い方の入口になるので、ご注意ください。

会場へは、2階受付カウンターでゲストカードを記入して頂き、ゲートを通ってエレベーターで17階へお越し頂くかたちになります。

会場ではゲスト用無線LAN(802.11a)が利用可能です。不安定な場合もあるようなので、モバイルルータ等をお持ちの方は持参いただくと安心かもしれません。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。