TOP

Metasploit Framework 入門

イベント内容

会場はGeekCafe(ギークカフェ)水道橋となりました。電源やWifiは無料で使えます。

システムの脆弱性評価などに用いられるMetasploit Frameworkの基本的な使い方を勉強します。
今回は実際にWindows マシンをターゲットにして脆弱性評価のハンズオンを行います。
Windows環境がなくても脆弱性攻撃コードの作成手順は実践できるように進めていきます。

2013/8/25に開催した池袋セキュリティ勉強会#1にステルスな攻撃を追加した内容です。

内容


以下のようなツールを使用して脆弱性評価のハンズオンを行います。


・ msfconsole

・ nmap

・ msfpayload

・ msfencode


参加費用

・ 一般: 2,000円 (会場代)
・ 学生: 無料

タイムテーブル

13:00-14:00
各種実験環境の構築
14:00-14:30
フレームワークの使い方・コマンドの説明
14:30-16:00
exploit作成と自動化
16:00-17:00
ステルスな攻撃
17:00-
懇親会(希望者)

準備する物

・ Windows Vista or 7 or 8 (VM推奨)の入ったノートパソコン(説明はVirtualBoxを使って進めます)
Windows 8 は評価版を無料でダウンロードすることができます
・ Linuxが使える環境 (Kali LinuxならはじめからMetasploit Frameworkがインストールされています)

※ 脆弱性評価では実際にウィルスを動かすため、実環境に被害を及ぼさないようにVMへインストールしたWindowsを使用します。

各種ダウンロード

Kali Linux
Metasploit Framework
Windows 8 Enterprise 評価版
Java 7 Update 17
VirtualBox
VMware Player

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。