TOP

イベント内容

概要

「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。

日時: 2016月5月10日(火)
   受付:18:30〜19:00
   勉強会:19:00〜21:00
   懇親会:21:00〜22:00

会費:
 ・一般 1,000円(懇親会費込み)
 ・学生 無料(先着20名)※受付時に学生証を提示してください
 ※関係者以外の方は「スタッフ・講師」枠を選択しないでください。

持ち物:
 ・名刺(受付の際に1枚、ご提供ください)
 ・受付票(本サイト右側の「受付票を見る」から印刷してください)

対象者:
 ・Pythonに関心のある方
 ・プログラミングに関心のある方
 ・ロボットに関心のある方

会場:
  株式会社クリーク・アンド・リバー社 2F レインボーホール
  〒100-8111 東京都千代田区麹町2丁目10−9 C&Rグループビル
  http://bit.ly/1F3nJ32 

参考文献:
・辻真吾、「Pythonスタートブック」、技術評論社(2010)
・Wes McKinney、「Pythonによるデータ分析入門」、オライリー・ジャパン(2013)

協賛: リーディング・エッジ社


勉強会プログラム

Talk 1:「私のPython学習奮闘記#5 〜学習のTIPs編〜」

阿久津剛史(Start Python Club)
これまで1年間のStart Python Clubの活動を通じて得たPython学習の3つのコツ(TIPs)を、Textbook(教科書)、Internet(インターネット)、People(人)に分けて、それぞれご紹介します。オープンソースの時代は独学の初心者にもチャンスを与えてくれます。一緒に巨人の肩に乗っていきましょう。

Talk 2:「Pythonのプロファイリング」

阪口祐香
いろいろな言語で用意されているプロファイリング機能。一連の処理の処理時間を計測し、どこに時間がかかっているか調べるときに利用します。Pythonのプロファイリング方法を説明します。

Talk 3:「Pythonで見る関数型言語の考え方」

辻真吾(東京大学)
Pythonはもちろん純粋な関数型言語ではありませんが、非常に柔軟性があるマルチパラダイム言語なので、関数型言語の側面も持ち合わせています。ただ、個人的には、純粋な関数型言語 に関しては、ヒマラヤ山脈で修行している高僧というイメージを持っているので、今回は Pythonで気楽に、その本質的な考え方に触れる試みをしようかと思います。


懇親会(ビアバッシュ)

会場にてビアバッシュ。
LT(ライトニングトーク)のネタがある方はぜひどうぞ。

参加者
115人 /定員130人
申込先
会場
クリーク・アンド・リバー
東京都千代田区麹町2-10-9 (C&Rグループビル 2F)

注目のイベント

タグに関連するイベント

コラム

イベント New

目指すは究極の“個客”対応。ファーストリテイリング「デジタル改革」の本気度

ファーストリテイリングが2017年2月から本格的に始めた全社改革「有明プロジェクト」が注目を集めている。...
18 views
イベント New

【レポート】トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウハウetc…裏側をみせます! - KLab TECH Meetup -

2017年9月4日(月)19時30分より、「KLab TECH Meetup −トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウ...
18 views
イベント

インメモリデータベースの今後。新領域への適用可能性 - デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 -

2018年3月6日(火)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最新...
196 views