GMOエンジニアトーク -先端IT技術を学ぶ会- 深層学習、ブロックチェーン、AR/VR

IoT

イベント内容

[NEW] → 4/21 増席しました
4/13 増席しました

GMOエンジニアトークは次世代システム研究室による「新技術を実サービスに利活用するために行っている研究開発」について、各担当者からトークを行う勉強会イベントです。

新しい技術や大規模なウェブサービスに興味がある方、GMOのエンジニアが普段どうのようにしているのか興味がある方は是非ご参加ください。皆さんのご参加をお待ちしています!!

タイムテーブル

概要
18:30- 開場
19:00- オープニングトーク
19:10 - 19:40 IoT領域でのブロックチェーン実践
19:50 - 20:20 モバイルAR技術の最先端 Google Tangoを活用してバーチャル道案内スタッフを実現してみた
20:30 - 21:00 深層学習は金融市場をシミュレーションすることができるか?

※質疑応答などの時間は設ける予定です

トークテーマ

深層学習は金融市場をシミュレーションすることができるか?

近年注目を浴びている深層学習の応用手法・GAN(Generative Adversarial Networks)を応用し、金融市場の値動きをシミュレーションすることに挑戦します。
従来、写真やイラスト、絵画といった画像データをAIが自動的に作り出すことは難しいと考えられてきました。しかし、近年は深層学習の応用の研究が進み、従来のAIの常識を覆す成果が生み出されています。GANはそうした成果の一つであり、学習した画像の丸写しではなく、自然な特徴を抑えた画像を自動的に生成することができます。
今回は、GANの画像生成能力をマーケットのチャートに応用し、自然なマーケットの値動きをシミュレーションすることができるか実験した成果を発表します。

IoT領域でのブロックチェーン実践

一般的にFintech領域で活用されるブロックチェーン技術ですが、GMOインターネットではIoTの分野にも適用しやすいプラットフォームを提供しています。今回はその応用事例として、実証実験を成功させた『スマート宅配ボックス』をデモを元にその概要を説明し、開発のポイントとなる点をご紹介します。
■ サービス紹介ページ
https://cloud.z.com/jp/products/blockchain/
https://www.conoha.jp/blockchain/

モバイルAR技術の最先端 Google Tangoを活用してバーチャル道案内スタッフを実現してみた

Tangoは、GoogleがAndroid向けにリリースしているAR/MR向けのフレームワークです。
これまでのAR技術・コンテンツは、単眼カメラのキャプチャ画像にCGを重ねる程度で、現実感は薄く市場に定着していません。Project Tangoの壮大な可能性を活用して より現実と融合したCG、良いARの体験、屋内のナビゲーション、そして面白くて魅力的なゲームなどを提供することが期待できます。
技術の実証実験、そして将来のビジネスへ繋がる可能性の検討の目的でバーチャル道案内スタッフを実現してみました。Tangoの強みをどう生かして実現したのかを共有させて頂きます。

会場について

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー 11F (渋谷駅から徒歩3分)
GMOインターネットグループ内にあるイベントスペース GMO Yoursで開催します。

注意事項

※ 19:30を過ぎると地下タクシー寄せエントランスからの入場になります(20:00最終受付)
※ 館内は禁煙です
※ 再入場はできません

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。