【7/12,7/14】実務者のための 実務で使える人工知能(AI)・ディープラーニング活用セミナー

参加枠申込形式参加費 参加者
受講者
先着順 49,800円
当日現金支払い
0人 / 定員30人

イベント内容

セミナー概要

内容 補足
日時 2017年7月12日(水) 9:30 ~ 16:30 受付 9:00~
受講料 49,800円(税込)
持参物 無線LANを使用できるPC PCはレンタル・買取あり
内容 人工知能AIの仕組み 実践に必要な知識を習得
データ準備 Excelからデータを作成
モデルケース【基礎編】 ①Fisher’s Iris(EXCEL⇔AI&DT)
②来場者数予測
モデルケース【応用編】 ③日経平均株価の予測(AI&DT)
④天候次第の工事予測(AI&DT)
⑤ガン再発を使った不具合予測
⑥テナント誘致戦略予測(AI&DT)
⑦入札失格ライン予測(AI)
⑧気象予測


人工知能AIは現在、第3次ブームに突入し、情報通信分野にとどまらず、経済・マーケティング、医学・新薬、 環境・エネルギー、自動車・機械、電気・電子、農業・建設業など、様々な分野で活用が期待されています。

さらに、インターネットの普及やIoT台頭などの時代背景により、データ量が爆発的に増加しており、各企業ともビッグデータの活用は喫緊の課題となっています。しかしビッグデータビジネスに取り組むには、どの企業も経験や人材が不足しているのが実情です。

本セミナーでは、人工知能のことは知識として知っているが、どうも難しくなかなか手が出ない、という方を対象にしています。これからビッグデータを扱っていきたい方が、最初の一歩を踏み出せるように、様々な視点から見たモデルケースを教材として、人工知能AI、ディープラーニングを習得できる内容です。

受講対象者

特に次のような方におすすめです。

  • 実際に人工知能AIを使ってみたい
  • 人工知能AI、機械学習、ディープラーニングの具体的な活用方法を知りたい
  • 実務でぜひ使いたい

講師紹介

和田尚之
株式会社公害技術センター 環境開発センター センター長  1955年宮城県気仙沼生まれ。
 信州大学大学院博士後期課程修了(工学博士)、技術士、1級建築士、専門社会調査士。
 専門は、複雑系科学のフラクタル理論、自己組織化臨界状態理論を使った数理地域学。

受講申し込み

以下のURLにアクセスし、お申し込みください。
http://jmenet.com/seminar2017ai/

受講料のお支払方法、お持ちいただくPCの設定方法等の詳細は後程お知らせいたします。

本イベントは終了しました

類似しているイベント