TOP

ELFとDWARF勉強会
クリップ
2017/07/30(日) 13:00 開催
大阪府 大阪

ELFとDWARF勉強会

基本情報

日 時 2017/07/30(日) 13:00 〜 17:00
会 場 さくらインターネット大阪本社 オープンエリア
住 所 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 35F
主 催 日本UNIXユーザ会
参加枠申込種別参加費定員
一般
先着順 2,000円
当日現金支払い
11人 / 定員15人
jus会員
先着順 1,000円
当日現金支払い
2人 / 定員5人
学生(要学生証提示)
先着順 500円
当日現金支払い
3人 / 定員5人

イベント内容

関東からKOZOSや「12ステップで作る 組込みOS自作入門」の坂井さんをお招きして開催します。関西では滅多に聞く機会がない(関東でもそんなになさそうですが)お話かと思いますので、気になった方は奮ってご参加ください!

内容

ドキュメントを読まずに知るELF入門(90分)坂井弘亮

実行ファイルのフォーマットとして広く利用されている「ELF」について説明します.フォーマットの説明だけではなくソースコード等から情報を得る方法やツールの作り方など,実践的な内容を扱います.

DWARFとデバッガのからくり(60分)田窪守雄

プログラマなら誰しも、一度ならずデバッガのお世話になったことがあるでしょう。 デバッガは、ソースコードがそのままCPUで実行されているかのような錯覚をプログラマに与えてくれます。(CPUが本当に実行しているのは、コンパイラが出力した機械語列であるにも関わらず!) この錯覚を生み出すための"からくり"は、コンパイラがデバッガへ渡す『デバッグ情報』にあります。

今回は、このデバッグ情報のフォーマットとして広く使われている、『DWARF』についてお話しします。

DWARFは、デバッグ情報フォーマットとして唯一のオープンな規格であり、UNIX, Linux, 組み込み分野で広く使われています。

バイナリかるた体験(40分)坂井弘亮

低レイヤーやバイナリファイル解析への入門用コンテンツとして一部で話題となっている「バイナリかるた」を体験してみましょう.かるた体験だけではなく,バイナリファイルの解析のコツなどを説明します

タイムテーブル

  • 13:00-13:10 : 受付
  • 13:10-13:20 : 前説、参加者自己紹介
  • 13:20-14:50 : ドキュメントを読まずに知るELF入門(90分)坂井弘亮
  • 14:50-15:00 : 休憩
  • 15:00-16:00 : DWARFとデバッガのからくり(60分)田窪守雄
  • 16:00-16:10 : 休憩
  • 16:10-16:50 : バイナリかるた体験(40分)坂井弘亮
  • 16:50-17:00 : クロージング、後片付け

アクセス

  • 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 35F
  • JR「大阪駅」より徒歩7分
  • 地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩9分
  • 阪神「梅田駅」・阪急「梅田駅」より徒歩10分
  • 地下鉄四つ橋線「西梅田駅」・地下鉄谷町線「東梅田駅」・JR「北新地駅」より徒歩13分

問い合わせ先

日本UNIXユーザ会 E-mail: office@jus.or.jp

懇親会

イベント終了後、有志による懇親会を予定しています。(参加予定者に別途ご案内します)

注意事項

jus会員は会員証をご持参ください。
本イベントは終了しました
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

TECH PLAYで申込可能なイベント