TOP

第11回 Cogbot勉強会! ~ 行こうぜ、Cogbot の向うへ2018

イベント内容

イベント概要

あけましておめでとうございます。
2018年の最初の勉強会は、Cognitive Services のおさらいから始まり、先月GAしたばかりの自然言語処理のサービスである LUISAzure Bot Service、昨年末に話題となった Azure Machine Learning Workbench に関する内容をお届けします!

LT希望者も募集しています。Cogbot、AIに関することであればだいたいOKです。

Cognitive Services とは

昨今では、人間が自然に行っている認知する能力を、機械も実現できるようになってきました。

このうち、Cognitive Services では、視覚、音声、言語や推測、検索に関する能力を利用することができます。 SDK や REST API が提供されているので、プログラミングで手早く簡単に利用できるのが特徴です。

Bot Framework / Azure Bot Service とは

チャットによるコミュニケーションが加速している中で、多様化するチャットツールに対応するのはなかなか難しいものがあります。

Slack、Skype、Facebook Messenger など、組織や用途によって異なるチャットツールですが、これをひとえに統合して開発できるとしたら?

Bot Framework と Azure Bot Service なら、Node.js や .NET のSDKや、REST API を使って簡単にチャットを拡張することができます。

開催概要

項目 内容
日にち 1/23 (火)
時間 19:00 〜 開場, 19:30 〜開始予定
会場 日本マイクロソフト株式会社 31F ルームC+D

タイムスケジュール

時間 内容 スピーカー/担当
19:00 〜 19:30 開場・受付 ※ 2F でスタッフがご案内いたします
19:30 〜 19:35 概要・会場の説明など (5分)
19:35 ~ 20:05 2018年から始める Cognitive Services (とその短い歴史) 大森さん@日本マイクロソフト
20:05 ~ 20:35 Azure Bot Service で始めるチャットボット開発入門 横浜さん@Microsoft MVP
20:35 ~ 20:40 休憩 (5分) -
20:40 ~ 21:10 AML Workbenchの使い方 ~開発者以外の方も対象~ 瀬尾さん@Microsoft MVP
21:10 ~ 21:20 LT(5分*2) LT希望者
21:20 ~ 21:30 完全撤収 -

※ セッション時間は場転込みです。

会場に関する注意事項

入場について

会場2Fで入場チケットをお渡しいたます。会場の出入りに必要となりますので、 紛失にご注意ください。 また、20時以降の入館はスタッフをお呼びいただく必要があります。

無線LANについて

会場に無線LANの用意があります。自前の無線アクセスポイントを立てることは、 スピーカーのデモなどに支障が生じますのでご遠慮ください。

電源について

会場には一部電源がございますが、延長ケーブルなどの用意はありません。常識の範囲内で、譲り合ってご利用くださいませ。

アンケート

参加された方はアンケートにご協力をお願いします

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=v4j5cvGGr0GRqy180BHbR0ylFKufUwtNrnMEQwM5yHFUM1U1NjJaMTNDTjBGN1cyUFpONzBDSzRaNy4u

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/01/23(火)
19:00〜21:30
参加者
79人 / 定員110人
会場
日本マイクロソフト株式会社
東京都港区港南 2-16-3 (品川グランドセントラルタワー 31階)