TOP

【会場:博多駅直結】福岡 Machine Learning/Deep Learning Meetup

イベント内容

概要

Deep Learning Labとは、Chainerを提供するPreferred Networksと、Azure クラウドを提供するMicrosoft による、深層学習に関する「最新技術をビジネスで活用している事例」や「最新の技術動向」を共有することで、深層学習技術者の裾野を広げ、実社会での利用拡大を図ることを目的としたコミュニティです。

紹介スライド https://www.slideshare.net/hironojumpei/deep-learning-lab-ai-expo

福岡 Machine Learning/Deep Learning Meetup

DEEP LEARNING LABでは、日本全国で深層学習エンジニアを育成したり、深層学習活用方法を学べるような会を企画しています。今回は福岡にて、TRIALさん、LINEさんをお招きして、コミュニティイベントを開催します!

日時:5/12 (土) 時間 14時30分-18時(14時開場)
場所:LINE Fukuoka株式会社 12Fカフェスペース

参加対象者

  • 機械学習に興味のあるエンジニア、ビジネスパーソン
  • 流通業におけるAI利活用やアマゾンの動きに興味がある人
  • LINE社内での機械学習の取り組みを知りたい人
  • 社内で機械学習系の人材を育成したい人

参加することで得られるもの

  • 機械学習・深層学習を活用している企業のビジネス動向
  • 深層学習って本当に使えるの?リアルにどうしたらいいの?という考え方
  • 社内で人材育成していくための方法論

タイムテーブル(題名、登壇者など調整中)

時間 セッションテーマ 登壇者
14:00 受付・開場
14:30 開演
14:30 - 15:00 AI案件のよくある落とし穴と人材育成
AI人材不足が叫ばれる中、「とりあえずAI」と盲目的に始めて失敗するケース、人材がうまく育たないといった失敗事例が見受けられました。創業から1年で3000名以上指導したAI人材育成を行うキカガク代表が、ビジネスフローも視野に入れた改善策をお話します。
株式会社キカガク 吉崎さん
15:00 - 15:30 AIカメラによるデジタルマーケティング
スーパーセンター トライアル アイランドシティ店に700台のカメラが設置され、人の動きや商品動向を分析できるようになっているのはご存知ですか?TRIALが700台のカメラや、決済機能付きレジカートを使って何を実現しようとしているのかお話しします。
TRIAL CTO 松下さん
15:30 - 16:00 目に見えるサービス成長のためだけではないDeep Learningの使いドコロ
機械学習は主に革新的なアプリケーションの開発のために使われている印象を持たれている方も多いと思いますが、LINE Fukuokaではその他にどういったところで機械学習を活用しているのか、事例を混じえながら紹介していきたいと思います。
Line Fukuoka データラボチーム チーム長 立石さん
16:00 - 16:30 Microsoft の深層学習への取り組み
深層学習の多くの可能性が示されてきている中、様々なソリューションにおける活用が進みつつあります。深層学習のフレームワーク、アルゴリズム、そして学習の高速化技術などが大きく進歩を見せている深層学習の現状と背景、そして応用について概観しつつ、Microsoftの取り組みも併せてご紹介します。
マイクロソフト 深層学習事業開発マネージャー 廣野さん
16:30 - 17:00 講演者パネルディスカッション:
福岡で機械学習や深層学習を活用していくにはどうしたらよいか?
講演者 + モデレーター井関さん
17:00 - 18:00 懇親会

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/12(土)
14:30〜18:00
参加者
112人 / 定員120人
会場
LINE Fukuoka株式会社 12Fカフェスペース
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 (JRJP博多ビル12F)

注目のポジション