TOP

【少人数制!】名刺画像から文字を自動抽出し、名刺データを管理するWebアプリケーションを作ろう!

【少人数制!】名刺画像から文字を自動抽出し、名刺データを管理するWebアプリケーションを作ろう!

参加枠申込種別参加費定員
先着(10%OFF)
先着順 18,000円
当日現金支払い
0人 / 定員2人
一般
先着順 20,000円
当日現金支払い
0人 / 定員4人

イベント内容

対象

・人に自慢できるような機械学習を用いたプロダクト(Webアプリケーション)を作ってみたい方

・Pythonの基礎は学んだが次に何をやっていいかわからない方

・機械学習について学んだが、いまいち自分のスキルアップを感じられていない方

・実務での機械学習の使い方を模索している方

・自然言語処理などに興味がある方

・Web APIを使ってみたい方

対象でない方

・「変数」、「リスト」、「関数」の意味がわからない方(これさえ分かっていれば、後は説明いたします!)

・自然言語処理の理論を知りたい方(Mecab, gensimnなどは使いません。)

・既にいくつものWebアプリケーションを作ったことのある方(当日はMySQLの基礎的な内容なども説明いたします。)

受講者の方に作っていただくものの特徴

1. ログインができます
ユーザーごとに名刺データが管理出来ます。

(例えば、名刺太郎さんは顧客a,b,cの名刺のデータを持っていて、名刺花子さんは顧客d,e,fの名刺のデータが管理出来ます。)

Alt text

2. 名刺の一覧を見れます
ログイン後、管理ユーザー毎の名刺の一覧が見れます。

Alt text

3. 名刺の写真を上げることができます
名刺の新規追加で画像を選択すると、名刺の画像をあげることができます。

Alt text

4. その画像を解析して、特定のデータ(会社名、名前、住所)を抽出してデータベースに格納します。
「読み込む」を選択すると、会社、名前、住所のテキストデータを取り出すことができ、それをデータベースに格納します。

Alt text

5. 抽出したデータが正しくない場合、修正することができます
抽出するデータは写真によって、間違っていたりするため、そういったデータの修正を行えるようにします。

Alt text

6. データがいらなくなった場合に、名刺情報を消すことができます
要らなくなった、あるいは精度の悪すぎる名刺データを削除することができます

成果物を作るために、このセミナー中に学ぶこと

・Web API(Google Cloud Platform)の使い方

・PythonのWebアプリケーション開発に優れたフレームワークFlaskの使い方

・MySQLとPythonの連携

タイムスケジュール

First Header Second Header
Content Cell Content Cell
Content Cell Content Cell
時間 概要 詳細内容
12:00 開場 環境構築に関する質問対応を行います
13:10 集金
13:20 自己紹介
13:30 成果物の確認 受講者の方が最終的に作り上げるものを説明します
13:35 必要な知識の全体像の把握 HTML, Python, MySQL, Flask, Web API(Google Cloud Platform)
13:50 HTML,CSS講座 SublimeTextのインストールが必要です
14:10 MySQL講座 環境構築だけ行なっていただけると助かりますが、できなかった方は早めに来ていただければ対応いたします
14:30 休憩
14:40 MySQLとPythonの連携 Webアプリケーションの作り方をまなびます
15:00 Flaskの基礎知識 Webアプリケーションを作るためのPythonのフレームワークの使い方を学びます
15:30 休憩
15:40 ここからプロダクト作りスタート
15:45 プロダクトの作るための手順・構成
15:50 データベースを作る データベース設計のノウハウを学び、プロダクトに必要なデータベース設計を考えます
16:00 まずはログイン機能を作る ハッシュ化など
16:20 名刺一覧表を作る HTML
16:30 休憩
16:40 表にデータベースから取得した値を入れる FlaskのFor文、リストの使い方
17:00 画像を特定のフォルダに保存
17:20 休憩
17:30 Web API(Google Cloud Platform) の概要 Cloud Vision API, Cloud Natural Language API
17:50 Vision APIを組み込む  PythonでVision APIを使います
18:10 Natural Language APIを組み込む  PythonでNatural Lnguage APIを使います
18:30 休憩
18:40 二つのAPIをアプリケーションに組み込む PythonでOCRを使えるようにします
18:50 作ったものでテスト
19:00 懇親会・お疲れ様会(20分程度) 長丁場のセミナーでお疲れかと思いますので、お茶を用意しております

※進み具合によって、予定より早く終わる可能性及び、長引く可能性もございますのでご了承ください。

講師プロフィール

講師は谷と土屋の二人で行います

●谷一徳 サイバーブレイン株式会社 Founder&代表取締役
ベンチャー企業を大学時代に起業。
約2年間CTO(最高技術責任者)を担当。
2016年にサイバーブレイン株式会社を設立。
ディップ株式会社による、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度 「AI.Accelerator」の1期採択企業
2017年に、オフライン・オンラインでこれまで1000名以上にプログラミングやディープラーニングを教える。
現在は、教育事業以外にも、機械学習やディープラーニングを使った機械学習関連案件や、
システム自動化などの業務自動化開発案件など複数行う。

●土屋太陽 サイバーブレイン株式会社 機械学習エンジニア
東京理科大学にて、統計学・プログラミング・機械学習を学ぶ。
大学時代には大規模交通データ解析から最適化の研究に携わり、
現在は機械学習を用いたWebアプリーケーション開発やデータ分析業務を行う。

持ち物

・クレジットカード(必ずご持参ください!Google Cloud Platformを使うためにはクレカ登録が必要です。)
・Wifiが繋がるノートPC(必ずご持参ください!)
・また各自ノートや筆記用具は自由持参です。

当日までにやっておいていただきたいこと

・MySQLの環境構築(環境構築が出来なかった方は当日、早めに会場に来てください)

・Pythonの復習(主に変数やリスト、関数について)

・余力のある人はMySQLやFlaskについての記事等を読んでおいてください。

2018年5月5日追加
Mac OSやWIndows OS、MySQLのバージョン(5.7や8系)によって、PythonとMySQLの連携がうまく行かない可能性があります。
事前にPythonとMySQLの接続の確認をしてからですと、当日スムーズに進みますので、事前に確認の案内を致します。

AI Academy (エーアイ アカデミー)とは?

オンラインによるマンツーマンレッスンでAIプログラミングが学べるスクール。
「AI(人工知能)技術をかつてないほどに多くの人々にとって身近にし、AI時代にAIを活用できる人材を創出する」 ことを掲げ、AIエンジニア育成をしている。
詳しくはこちら。 http://aiacademy.jp

その他

領収書の発行は可能です。気軽にお問い合わせください。
また、事前にaiacademy@cyberbra.in宛に、お名前とイベントURLをメールを添えてメールして頂けるとスムーズです。
イベント参加ボタンを押した後の返金・Paypal決済後は出来ませんのでご了承下さい。 (イベント費用キャッシュバック対象外の方のみ)

・本イベント、セミナーでの内容その類似内容を無償・有償問わず商材として利用することをお断りしております。

人工知能研究コミュニティ (Facebook)

AI AcademyはFacebookコミュニティを運営しております。
気になった方は、是非ご参加ください。
<a href="https://www.facebook.com/groups/1892746874314837/?fref=ts&_fsi=4Fg2NT7i">https://www.facebook.com/groups/1892746874314837/?fref=ts&_fsi=4Fg2NT7i

注意事項

当日キャンセルは基本的にお断りしています。なお、やむを得ない場合は、キャンセル料として10,000円をお振り込みいただきます。
本イベントは終了しました
2018/06/17(日)
13:00〜19:00
本イベントは終了しました
参加者
0人 / 定員6人
会場
株式会社メゾンマーク
港区麻布台1-9-14 ランドコム麻布台8F

グループ

主催

AI Academy

フォロワー6人
フォローする

管理者