TOP

OmiseGOワークショップ- SDK Wallet x Plasma

イベント内容

概要

『価値を自由に交換可能にする』ブロックチェーンを構築するOmiseGO。また、OmiseGOのブロックチェーン「OMG network」はEthereumのスケーラビリティ問題を解決するPlasma実装が行われておりその登場を待たれています。 今回のイベントではタイからOmiseGOのeWallet開発チームとPlasmaリサーチャーが来日し、ハンズオンで実装の説明を行っていきます。

OMG networkに接続するeWalletの実装に関してエンジニアと一緒に実装を行っていきましょう!

Plasmaセッションに関しては、日本のPlasmaリサーチグループ「Plasman」と共に最新動向を追っていけるような形でのセッションを考えています。

タイムテーブル

午前の部

時間 内容
9:00-9:30 開場
9:30-9:35 イベントと会場のご案内
9:35-9:50 OmiseGOの概要とQ&A
9:50-10:20 Plasmaの概要
10:20-10:30 休憩
10:30-11:00 OMG eWalletの概要とQ&A
11:00-11:30 SDKの実装に関して
11:30 終了

午後の部-開発者のみ(実装をします)

2つのグループに分かれてワークショップを実施

時間 内容
12:30-14:30 A:eWallet SDK ハンズオン・B:Plasma ハンズオン
14:30-14:50 休憩
14:50-16:50 A:Plasma ハンズオン・B:eWallet SDK ハンズオン
16:50-17:30 Q&Aセッション
17:30 終了

参加対象者

午前の部

  • ビジネス開発・開発者 午前の部ではOmiseGOの概要を始め、ビジネスモデルやシステムの構成についてお話します。

午後の部

  • 開発者のみ Github上のeWallet SDKを利用して開発を行っていきますので、実装ができるだけの開発力が必要です。 ライブラリの情報などは随時メールでご連絡させていただきます。

*午後参加予定の方は事前アンケートにて、GithubアカウントのURLの提出をお願いしています。

参考資料-午後の部参加の方

1) https://remix.ethereum.org/

2) https://ethresear.ch/t/minimal-viable-plasma/426

3) https://github.com/omisego/ewallet

運営について

企画運営:OmiseGO

Omiseのブロックチェーンプロジェクトとして2015年より研究開発がスタート。現在、Plasmaを実装するDEX開発のプロジェクトとしてOMG networkを構築中。

協力:Plasman

Plasmaをリサーチするためのボランティア的なコミュニティ。定期的にPlasmaの進捗のアップデートやプロジェクトを招待して、開発についてスピーチ、ディスカッションを行うイベントを開催。

スペース提供:Neutrino

Neutrinoはブロックチェーンのエコシステムを創造・醸成することを通じて、ブロックチェーン技術・アプリ・サービスの実用化を促進することをミッションとしているブロックチェーン特化のコワーキングススペースです。エンジニアを中心として、法律・会計・マーケティング分野などの専門家が集まる有機的なコミュニティであり、海外のユースケースの紹介やエンジニア向けの技術リサーチミートアップなどのイベントを企画しております。Neutrinoはグローバル・ブレイン株式会社の協力のもと、OmiseGOが運営しております。

その他

・質問がある方はneutrino@omisego.co までご連絡ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/28(土)
09:30〜18:00
参加者
41人 / 定員75人
会場
Neutrino Japan
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町12-10 住友不動産渋谷インフォスアネックス1階

注目のポジション