TOP

SLAM(スラム)概論 -モビリティサービスの必須技術とビジネス活用-

SLAM(スラム)概論 -モビリティサービスの必須技術とビジネス活用-

参加枠申込種別参加費定員
申込みページをご覧ください
先着順 4,000円
当日現金支払い
1人 / 定員1人

イベント内容

SLAM(スラム)概論 -モビリティサービスの必須技術とビジネス活用-

申込みはこちらから

概要

自動運転やドローンの制御など、自動運転のキーテクノロジー 『SLAM』(Simultaneous Localization and Mapping)をご存知でしょうか。

今、大手企業、ベンチャー企業を問わず、『SLAM』を活用した モビリティデバイス、モビリティサービスが発表されています。

モビリティビジネスを考える際の必須技術。 自己位置推定と環境地図作成の仕組みを知り、 新たなビジネス展開を考えてみましょう。

Fetch Robotics (フェッチ・ロボティックス)の自走型ロボット 「Freight (フレイト)」の実機を用い、 『SLAM』の設定デモをご覧いただきます。

簡易な実装が出来ることを知って頂いた上で、 「どのようなビジネス展開が可能なのか?」、移動ロボットの遠隔操作、 3次元可視化手法などの応用事例を紹介します。

これからモビリティ分野でビジネス展開を目指したい方、 社内システムに移動ロボットの導入を検討されている方、必聴の内容です!

申込みはこちらから

長安 成暉 氏

講座構成(予定)

1.SLAMとは? 〜自己位置推定と環境地図作成について〜 2.マッピングデモ(Freight (フレイト)での実施) 3.モビリティを活用したビジネスについて事例など

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

長安 成暉 氏

長安 成暉 氏

X-mov Japan 株式会社 代表取締役社長兼CEO

1998年生まれ。小学1年からサッカーを続け、兵庫県選抜、関西選抜、国体選手を歴任。 Pepperの発表会に感銘を受けて以来、ロボットの可能性を感じ、当時高校3年で X-mov Japan株式会社を設立。「ロボット共生社会で人々を幸せに」との理念を軸に、物流(製品名:Freight)、介護(Pepper)、教育業界(HACO) などヒューマンフレンドリーなロボットの販売、システム開発、サポート業務を行う。シリコンバレーでの滞在を機に、ロボットの自律走行機能へ着目し、いち早くPepperでのSLAM(自律走行)開発と、SLAMを活用した米物流運搬ロボット Freightの国内販売、テクニカルサポートを行う。

参加対象

  • モビリティ技術を学びたい方 モビリティを活用したビジネスをお考えの方 社内システムの効率化を検討されている方

講座形式

聴講

※筆記用具をお持ちください

参加費

4,000円/名 

ハッシュタグ

#モビリティ #SLAM #Freight

申込みはこちらから

本イベントは終了しました
2018/08/09(木)
15:00〜18:00
本イベントは終了しました
参加者
1人 / 定員1人
会場
イメディオ 講義室 (アジア太平洋トレードセンター(ATC)内ITM棟6階)
大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)内 ITM棟6階 (ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前駅下車) http://www.imedio.or.jp/about_us/access.php/

グループ

主催

ソフト産業プラザTEQS

フォロワー4人
フォローする

このグループのイベント

2018/11/23(金) 14:00〜17:00
大阪府