品質としてのセキュリティ ~ 品質活動にセキュリティを取り込むには ~

品質としてのセキュリティ ~ 品質活動にセキュリティを取り込むには ~

参加枠申込種別参加費定員
併設チュートリアル(9/13-14SQiP2018本会議に参加の場合)
先着順 5,400円
当日現金支払い
0人 / 定員30人
併設チュートリアル(9/13-14SQiP2018本会議に不参加の場合)
先着順 10,800円
当日現金支払い
0人 / 定員30人

イベント内容

品質としてのセキュリティ

~ 品質活動にセキュリティを取り込むには ~

伊藤 公祐 氏 /情報セキュリティ大学院大学 セキュアシステム研究所 客員研究員

概要

セキュリティは難しい、セキュリティ対応の重要性は理解しているが、どこから考えればよいかわからないという方に、入門編として、セキュリティの脅威や攻撃者のモチベーションといった基礎的な知識を学んで頂きます。また、企業や利用者にとってのリスク(被害)の見積り方法や対策手法をご紹介します。特に近年は、攻撃の対象が企業の情報システムだけでなく、製品にも拡がっているため、企業の情報システムにおけるセキュリティとは違った製品セキュリティにおける脅威やリスクの考え方や、海外で事例が出始めたセキュリティに関するメーカー責任を問われた事例や規制等をご紹介します。


本チュートリアルは、座学だけでなく、グループディスカッションによる演習を交えて行うことにより、座学で学んで頂いたことの理解を深めて頂くとともに、受講者ご自身の担当分野での活かし方をイメージ頂きます。


今話題のテーマ、一流講師の講座を「SQiP2018」本会議ご参加の方は「5,400円(税込)」で聴講できます!
基本の本質を学び、見つめ直す場をご提供します。

「ソフトウェア品質シンポジウム2018(SQiP2018)」本会議の前日(912日(水)に今年も「併設チュートリアル」を実施します。
各テーマの一流講師陣による半日のチュートリアルを非常に安価に受講することができる名物企画です。
今年はテーマ選定にあたっては、近年の「ソフトウェア品質シンポジウム」で取り上げた話題、参加者の皆様の関心が高いテーマを中心に8テーマ取り上げました。 
どのテーマも参加いただいた皆様に現場に持ち帰り役立てていただける内容です。詳細テーマ、講師はシンポジウムWebサイトでご確認ください。

※本会議(9月13日(木)・14日(金))は、ヤマトホールディングス株式会社 執行役員 田中 従雅 氏 が講演!
  総勢50社の先進企業の取り組み事例が一堂に集結します!

ソフトウェア品質シンポジウム2018・Webサイトはこちら https://www.juse.jp/sqip/symposium/


注意事項

・シンポジウムWebサイト(https://www.juse.jp/sqip/symposium/)からお申込み手続きを行ってください。
・本会議は別途、参加費(一般 41,040円)が必要です。
本イベントは終了しました

類似しているイベント